中国戦で綻びを見せた森保ジャパン。世界の主流とは反する3バックの問題点【小宮良之の日本サッカー兵法書】

中国戦で綻びを見せた森保ジャパン。世界の主流とは反する3バックの問題点【小宮良之の日本サッカー兵法書】

2019.12.13 ・ 日本代表

シェアする

 東アジアサッカーの頂点を決めるE-1選手権、森保一監督が率いる日本は初戦で中国と戦い、2-1と幸先良い勝利を収めている。


 残念ながら、一番クローズアップされたのは、中国代表選手のラフプレーだった。話題になったカンフーキックのシーンだけではない。体の当て方からして危険だったし、タックルもダメージを与える悪意が見えた。腕やひじの使い方もひどく乱暴で、レッドカードが一枚も出なかったことは驚きである。


 その経緯もあって、試合の評価を下すのが難しい。


 そもそも、日本代表選手たちの日程がきつかった。Jリーグ最終節から韓国に遠征して中2日。集中を切らさずに戦った奮闘は、称賛されてしかるべきだ。


 橋本拳人(FC東京)、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)の二人は、Jリーグで優勝を争い、これまでも代表に選ばれた落ち着きを見せている。失点はしたものの、GK中村航輔(柏レイソル)の落ち着いたプレーは特筆に値した。遠藤渓太も左サイドで奮闘したと言えるか。


 しかし、チームとして戦術的に不具合を生じさせていた点は見逃せない。


 森保監督は、兼任するU-22代表では自身がサンフレッチェ広島時代に確立した3-4-2-1のフォーメーションをベースにしている。この戦術に慣れ親しんだ広島の森島司は、2シャドーの一角として得点に絡むなど上々のプレーだった。また、U-22で1トップを張り、最多得点の上田綺世も戦術のキーマンとして躍動。先制点のきっかけとなるフリックパスなど、ポストプレーの質で違いを示した。

  しかし、チームとしての出来には不満が残った。序盤こそ押し込んだ状態で優位にプレーしたが、その後は中国の荒っぽいフィジカルプレーに陣形が乱れ、押し返されている。選手同士の距離感が悪く、パスの出しどころは乏しく、守備の補完関係でもズレができていた。


 指揮官である森保監督としても、マネジメントは難しかっただろう。


 大会は国際Aマッチではないだけに、欧州組は不在。Jリーガーもシーズンが終わった直後で疲労はピークで、試合出場機会が少ない選手を選ばざるを得ない。自分が特徴を知っている選手を選ぶことによって、どうにか戦術に落とし込む――。不具合が出るのは当然だ。


 しかしそれらを差し引いても、この戦い方は一考の余地がある。 3バックは、強く速くうまい3枚がいないと、綻びが出やすい。なぜなら、相手の1トップが高さや強さで勝ると、3人がそこに引きつけられてしまい、そこで抑えきっても、他の個所で数的優位を与えてしまうからだ。世界には必ず一人は優れたストライカーが前線にいるものだ。


 攻撃のセットプレーでセンターバック3枚がいることは、得点の確立を上げることになるだろう。決勝点となった2点目、CKからのヘディングはセンターバックの三浦弦太が決めた。この点は、ロシア・ワールドカップのイングランド代表もそうだ。


 しかし広島でU-22代表がコロンビアに完敗したように、レベルの高い相手には付け込まれるだろう。1トップへのクロスで押し込まれ、ディフェンスは混乱し、波状攻撃を受ける。逆襲に転じるにも前線との距離が遠く、カウンターを浴びることになるのだ。


それ故、世界では4バックが主流になっている。


香港、韓国戦。不安を払しょくするような戦いが必要だ。


文●小宮良之


【著者プロフィール】

こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月には『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たした。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事