U-23日本代表、食野亮太郎の同点弾で後半攻勢に出るも、ミスからサウジにPKを献上し黒星スタート【AFC U23アジア選手権 2020 ハイライト動画】

U-23日本代表、食野亮太郎の同点弾で後半攻勢に出るも、ミスからサウジにPKを献上し黒星スタート【AFC U23アジア選手権 2020 ハイライト動画】

2020.1.10 ・ 日本代表

シェアする

9日、AFC U-23選手権の初戦が行われ、U-23日本代表がU-23サウジアラビア代表と対戦。日本はサウジアラビアに先手を取られる展開になり、1対2で敗戦。グループリーグ突破に向けて、手痛い黒星スタートとなった。


東京五輪予選を兼ねて、タイで開催されているAFC U-23選手権。日本のスタメンはGK大迫敬介、最終ラインは右から渡辺剛、岡崎慎、古賀太陽。ダブルボランチに田中碧と田中駿汰。右に橋岡大樹、左に杉岡大暉。2シャドーに旗手怜央と食野亮太郎。ワントップに小川航基が入る、3-4-2-1でスタートした。


立ち上がりから、攻勢に出たのがサウジアラビア。個人技に優れた選手を擁し、積極的なドリブル突破から日本ゴールに迫る。前半9分にはハムダンが中央へ切れ込み、左足で強烈なシュートを打つ。これはGK大迫が素晴らしい反応でセーブしたが、危うい場面だった。


日本は前半26分、パスをつないでサウジアラビアを揺さぶると、ペナルティエリアでボールを受けた旗手がシュート。これはゴールの枠を外れたが、日本らしいパスワークからフィニッシュに持ち込んだ場面だった。


前半29分には、サウジアラビアの要注意人物・ガリーブが左から中央へドリブルで切れ込み、右足で強烈なシュートを打つ。決定機だったが、大迫が右手を伸ばしてセーブ。ゴールを死守する。


日本のビッグチャンスは前半37分。田中駿汰の縦パスを小川がヒールで流し、抜け出した旗手がGKと1対1の場面を迎えるが、ドリブルでかわそうとしたところでコントロールをミスしてしまい、シュートに持ち込むことができず。チャンスを逃してしまった。


後半3分、サウジアラビアが均衡を破る。ガリーブがドリブルで持ち込むと、右に流したボールをフライフがゴール左隅に蹴り込んでゴールイン。サウジアラビアが先制する。


反撃に出る日本は後半11分、杉岡のパスを受けた食野が中央へ切れ込むと、右足を振り抜く。これが相手選手に当たり、コースが替わってゴールイン。1対1の同点に追いついた。


後半27分、小川に替えて上田綺世を投入。その後、日本がボールを支配してリズムを作るが、後半40分に古賀のパスミスからピンチを招くと、岡崎がペナルティエリアで相手を倒したとして、VARによりPKの判定。これをガリーブがゴール左に決めて、サウジアラビアが勝ち越す。


後半アディショナルタイム、日本は杉岡と旗手に替えて、田川亨介、相馬勇紀を投入。ゴールを目指すが、サウジアラビアの守備を崩すことはできず。1対2で試合終了の笛を聞いた。


試合後、森保一監督は「先制されて追いついて、そこから試合を支配して、勝ちに持っていければよかったが、連携ミスが出て、痛い敗戦になった」と振り返り、次の試合については「相手を崩していけるように、勝点3を取れるように準備したい」と話した。


日本の次戦、シリア戦は12日(日)22時15分キックオフ。テレビ朝日系列とNHK BS1で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事