U23日本代表、シリアに痛恨のカウンターを喰らい2連敗...早くもグループステージ敗退が決定【AFC U23アジア選手権 2020 ハイライト動画】

U23日本代表、シリアに痛恨のカウンターを喰らい2連敗...早くもグループステージ敗退が決定【AFC U23アジア選手権 2020 ハイライト動画】

2020.1.13 ・ 日本代表

シェアする

12日、AFC U-23選手権の2戦目が行われ、U-23日本代表はU-23シリア代表と対戦。前半にPKから失点すると、相馬勇紀のゴールで同点に追いついたが、終了間際に勝ち越しゴールを決められ、1対2で敗戦。2戦を終えて勝点0となり、グループリーグ敗退が決まった。


日本は初戦からスタメンを6人変更。GK大迫敬介、最終ラインは右から渡辺剛、岡崎慎、町田浩樹。ダブルボランチに松本泰志と齊藤未月。右に橋岡大樹、左に相馬勇紀。2シャドーに食野亮太郎と森島司。ワントップに上田綺世が入る、3-4-2-1でスタートした。


先制したのはシリア。前半9分、コーナーキックの競り合いで町田が足を上げて、相手選手の顔を蹴ったとして、VARによりPKの判定。これをエース、バラカットがゴール右隅に決め、シリアが先手を取る。


日本のチャンスは前半26分。食野と上田のコンビネーションでシリア守備陣をかく乱し、上田が右足で強烈なシュートを打つ。わずかにゴール左に逸れたが、惜しい場面だった。直後の27分には橋岡がゴール前で強烈なシュート放つが、GKの正面を突いた。


そして前半30分、相馬がペナルティエリアの外から強烈なシュートを突き刺し、日本が1対1の同点に追いついた。


後半10分には、コーナーキックのボールに上田が飛び込むが、わずかに合わず。後半22分には食野に替えて、田川亨介を投入。さらに後半32分には、負傷した渡辺に替えて、立田悠悟を送り込む。


後半38分、日本はビッグチャンスを迎える。橋岡のドンピシャクロスに上田が左足を伸ばして飛び込むが、シュートはわずかにゴールの左。決定機をゴールに結びつけることはできなかった。


後半41分、日本は最後の交代カードを切る。森島に替えて、旗手怜央を投入。しかし後半43分、シリアのカウンター攻撃から失点し、勝ち越しを許してしまう。


後半アディショナルタイムには、旗手がドリブルで切れ込みシュートを打つが、GKのファインセーブに遭い、ゴールならず。1対2で敗れ、グループリーグ敗退となった。


試合後、森保一監督は「先制点は許したものの、勝利できたかもしれない内容で、2試合落としている。勝負強さ、最後のところを詰めていけるようにしなければいけない」と、厳しい表情で振り返った。


ゴールを決めた相馬は「全員が、1対1で負けてはいけない。個の部分が大事だと改めて感じた。(3戦目は)とにかく勝ちを目指して戦いたい」と話し、再三のボール奪取でチームに貢献した齊藤は「いくらボールを取っても、ゴールを取らなければ勝てないスポーツ。申し訳ない気持ちが強い」と、悔しさをにじませた。


この結果により、日本は2戦2敗。3戦目を待たずして、グループリーグ敗退が決定した。最終戦となるカタール戦は、15日(水)22時15分キックオフ。テレビ朝日系列とNHK BS-1で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事