カタール指揮官は「最高のフットボールをした」と称賛も…U-23日本代表はなぜ1分2敗で大会を去ることになったのか?

カタール指揮官は「最高のフットボールをした」と称賛も…U-23日本代表はなぜ1分2敗で大会を去ることになったのか?

2020.1.16 ・ 日本代表

シェアする

 カタールのフェリックス・サンチェス監督は「日本は大会を通じて最高のフットボールをしたチームだった」と語った。もちろん、日本メディア向けのリップサービスでもあるのだろうが、ボールテクニックやパスの角度といった“プレーの質”では少なくともグループBに入った中東勢と比べて日本の方が明らかに上だった。また、中東勢はちょっとした接触でも大げさに倒れてすぐにゲームを止めたが、日本の選手はどんな状態でもボールを動かし続けた。


 では、良いサッカーをしながら、どうして1分2敗に終わったのか? 最大の敗因はあれだけボールを保持して攻めながら3試合とも1点しか決められなかったことだ。「個の能力」が高い相手を止めきれないことも弱点だが、たとえカウンターで失点したとしても3点取っていれば勝利できていたはずだ。


 得点できなかったのはフィニッシュ段階でのパス精度の低さが原因だろう。足下にパスを出すのか、スペースに出すのか、といった意思疎通の悪さ。あるいは動き出しのタイミングのズレのせいで、ボックス内でシュートを打つ場面が作れなかった。


 2019年を通じて森保一監督は「ラージグループ」作りに徹し、A代表、U-22代表を通じて数多くの選手がテストされてきた。そのため、招集の度にメンバーが入れ替わっていたのだ。意思疎通に欠けたのは当然のことと言っていい。

 メンバーを固定できなかったのにはスケジュールや拘束権といった事情もあったが、「ラージグループ」作り優先というのは、基本的には森保監督の判断だった。従って、今回の敗戦はある意味で想定内でもあった。監督としては、この大会に向けては「約1週間の事前合宿でなんとかまとめられる」という計算だったのだろうが、見通しが甘かったようだ。


 6試合を予定していたのに3試合で大会を去ることとなり、今後7月の東京五輪開幕まで公式戦を経験できなくなってしまったのはかなり大きな痛手だが、目標はあくまでも五輪での金メダル。もはや「ラージグループ」作りの段階は終わったのだから、これからメンバーを固定して完成度を高める作業が始まる。日本側に海外組の拘束権がある3月と6月のA代表の活動期間を利用して、コンビネーション作りを進めてほしい。

  もうひとつ浮き彫りになったのが、「個の力」を抑えきれないという弱点。たとえば2戦目のシリア戦。シリアにはCFのバラカトという好選手がいた。


 立ち上がりのシリアの先制点はPKによるものだが、バラカトが絡んだカウンターからのCKがきっかけだった。また、終盤の決勝点は日本選手が複数で囲んでバラカトにプレスをかけたがボールを奪えず、アラー・アルディンにつながれたものだった。


 一方、攻撃面でも高さと柔軟性を併せ持つCBのアルノウトにチャンスの芽をことごとくつぶされてしまった。


 東京五輪本大会ではシリアの選手よりもはるかに高いレベルの「個」と対峙しなければならないのだ。対抗するためには日本側にも「個の力」が必要だ。


 中盤では田中碧、田中駿汰、齊藤未月が良いプレーをしたし、2列目も多士済々。問題はCBとCFということになる。DFでは冨安健洋が招集できればかなり強化できるが、やはりオーバーエイジ(OA)枠で吉田麻也あたりも呼ぶべきだろう。

 攻撃陣では上田綺世も小川航基も1トップを任せるには力不足。こちらもOA枠を使うしかない。大迫勇也か南野拓実が呼べれば最高だが、国内組の興梠慎三なども有力候補だろう。東京五輪出場の希望を表明している本田圭佑はフリーの状態だが、五輪への準備に専念してもらうことも可能だ。


取材・文●後藤健生(サッカージャーナリスト)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事