プレミアで成長し、サウサンプトンに愛された吉田麻也。英国での7年半を振り返る/前編【現地発】

プレミアで成長し、サウサンプトンに愛された吉田麻也。英国での7年半を振り返る/前編【現地発】

2020.2.8 ・ 日本代表

シェアする

 今から遡ること、約4年半前。サウサンプトンの吉田麻也がペナルティーエリア外から左足で振り抜いたボールは、ゴール右下に吸い込まれた。


 技アリのミドルシュートを目の当たりにして、沸き上がるサウサンプトンのスタンド。すると、タッチライン際に向かい一目散に駆けていった日本代表DFが目指したのは、アップ中のセルビア代表MFドゥシャン・タディッチ(現アヤックス)。二人は笑顔で抱擁を交わした。


 2015年10月に行なわれたリーグカップのアストンビラ戦で、サウサンプトンは吉田のゴールにより2−1で勝利した。値千金の一撃を決めた吉田は、なぜタディッチの元に走っていったのか。試合後、その理由を明かしてくれた。


「試合前に軽食をとっていたら、突然ドゥシャン(タディッチ)が『今日はマヤが点取るよ』と言い出したんです。『味方とのワンツーで抜け出して取る』って(※実際、そのとおりの得点)。『じゃあ、点とったら、お前のところに行くわ!』と試合前に言っていたんですよ。走っていったら、ドゥシャンに『言ったやろー!』と言われて。かなり盛り上がりましたね(笑)」


 おそらくタディッチは、練習のなかで吉田のコンディションが良好なこと、積極的なプレーが増えていることを肌で感じ取っていたのだろう。吉田にとって、約10か月ぶりのゴールを思いつきだけで的中させるのは、簡単ではない。

 吉田がオランダ1部のVVVからプレミアリーグのサウサンプトンに移籍したのは、ロンドン五輪後の12年8月。以降、24歳から31歳までというキャリアの最も大事な時期を、英国南部の港町で戦った。その間、日本代表DFは選手として一回りも二回りも成長し、一人の男としても逞しさを増した。


 12年の入団時から行なってきた取材のなかで強く感じたのは、吉田がチームに深く溶け込んでいたことだ。


 チームの勝利に仲間たちと雄叫びを上げ、敗戦には一緒に肩を落とした。ピッチを離れても、選手たちと和気あいあいとじゃれあい、高度な英語力を駆使してスタッフともジョークを飛ばし合った。


 そんな吉田がサウサンプトンの仲間から愛されていたエピソードとして、筆者は先述の得点シーンをいつも思い出す。 振り返ると、吉田はサウサンプトンで幾多の苦難を乗り越えて成長してきた。


 2年前には胃が擦り切れる思いで残留争いを戦った。1戦1戦が、チャンピオンシップ(イングランド2部)降格に直結する真剣勝負だっただけに、最終節直前の37節で辛うじて1部残留を決めたときはチームメートと喜びを爆発させた。


 一方で、善戦しながらもマンチェスター・ユナイテッドにリーグカップ決勝(17年2月)で敗れたときは、タイトルまであと一歩のところで涙を呑んだ。


 世界中から集まった精鋭たちと、普段のリーグ戦で対峙する厳しい世界最高峰の舞台で、メキメキと力を伸ばしていった。


 その吉田が、今冬の移籍市場が閉じる1月31日、セリエAのサンプドリアへのレンタル移籍を決めた。今シーズン終了時までのレンタル契約となるが、イアリア・メディアの報道によると、1~2年の完全移籍のオプションが付いているという。


 現在31歳の吉田とサウサンプトンとの契約は今シーズン限り。可能性はゼロでないにせよ、戻ってくる確率は限りなく低い。


 そんな事情を察しているのだろう。サンプドリアへの移籍が決まると、吉田のSNSアカウントには心温まるメッセージが数多く寄せられた。サウサンプトンのチームメートはもちろん、クラブスタッフや、街で吉田と一枚の写真に収まったというサポーターなど、送り主は様々だった。


 なかでも、クラブの用具係を務めるマーク・フォーブス氏が送ったメッセージが心に響いた。「マヤ、7年強にわたる思い出は幸せだった。ピッチ内では、サウサンプトンと日本代表のリーダー。ピッチを離れても愛すべき、そして尊敬すべき人物だ。ありがとう」。深く愛されていたからこその心からの言葉だった。

 無論、クラブから愛されていただけではない。ワールドクラスのディフェンダーたちと熾烈なポジション争いを繰り広げた7年半でもあった。


 12年の入団時には、ポルトガル代表DFのジョゼ・フォンテ(現リール)からリーダーシップを学んだ。フォンテは英3部から這い上がってきた苦労人で、決してブレない強い精神力に吉田も大いに刺激を受けた。


 13−14シーズンは、クロアチア代表DFデヤン・ロブレン(現リバプール)、14-15シーズンはベルギー代表DFトビー・アルデルワイレルド(現トッテナム)とポジションを争った。両選手とも守備能力が高く、吉田も「盗める技術はなんでも取り入れたい」と積極的に技を盗んだ。


 極めつけは、2015~17年までサウサンプトンでともに戦ったオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクだ。


 昨シーズンにリバプールで欧州の頂点に立ち、バロンドール候補にも選ばれたCBについて、吉田はサウサンプトン在籍時から「すごい選手」とその才能を高く評価していた。とくに、目を奪われていたのがインターセプトの巧さで、「すごく巧い。見ていてとても勉強になります」と、動き方を学んでいた。 そんな世界的名手たちとポジションを争いながらも、吉田はサウサンプトンとの契約を2度にわたり更新した。


 プレミアリーグのピッチに立った日本人選手はこれまで9名いるが、所属クラブとの契約を更新したのは、吉田ただ一人しかいない。ベンチを温めた時期もあったが、監督とクラブから信頼されていたからこそ契約延長を勝ち取れた。


 在籍5シーズン目の16−17シーズンからは、主将を務める試合が増えた。


 キャプテンの重要な仕事の一つに、試合前の更衣室でのスピーチがある。もちろん、言葉は英語。選手たちを前にゲームのポイントを的確に伝え、仲間の士気を一気に高める。毎回「噛まずにできてよかった」と日本人記者の前では苦笑いを浮かべていたが、個性の強いプレミアリーグの選手たちを一つに束ねるのは決して簡単なことではない。


 そんな吉田を、日本代表のチームメイトはどう見ているのだろうか。今年1月、オーストリア1部ザルツブルクからリバプールに移籍してきた南野拓実に質問をぶつけてみた。


「加入してきたばかりで難しいかもしれないが、イングランドに身を置いてみて、吉田の功績をどう感じるか」。そう尋ねると、25歳のアタッカーは次のように答えた。

「7年半……。クレイジーですね(笑)。俺もザルツブルクで5年やりました。もう上から3番目くらい(在籍年数が)長かったですけど、それをこのプレミアリーグでやり抜いた。毎年のように10億(円)以上で引き抜かれる選手たちとポジション争いして、そこで勝ち残ってプレーし続けたというのは……たぶん本人はあまり言わないと思うんですけど、それは僕ら選手の立場からすると本当に凄いこと。


 英語のコミュニケーションもばっちり取れるし、やっぱり、凄い選手だなと思いますね。まだまだ来たばっかりなので偉そうなこと言えないですけど。外から見ている僕ですら、それぐらいに感じます。僕ら日本代表のキャプテンは、凄く偉大な選手です」


 16年11月の欧州リーグでサウサンプトンがインテルと対戦した際には、当時イタリアでプレーしていた長友佑都(現トルコ1部ガラタサライ)が、「麻也がプレミアで長くやっているのは、改めてすごいことだと思います」と敬意を表していた。


 また、17年4月に吉田がプレミアリーグ出場100試合を達成したとき、レスターに在籍していた岡崎慎司(現スペイン2部ウエスカ)が、「我慢の時期も長い間あったと思うんですけど、麻也はプレミアリーグでの歴史を作っていると思う」と、しみじみと語っていた。


 在籍7年半で、吉田はプレミアリーグ154試合に出場。公式戦通算では194試合でピッチに立った。在籍年数、試合出場数とも、歴代日本人選手ではトップ。まさに前人未到の記録をイングランドで築いた。


 その吉田がイタリアへの挑戦を決めた。まだ31歳と錆びつく年ではなく、“守備の国”で刺激を受け、CBとして成長するに違いない。はたして、どんな進化を見せてくれるだろうか。


取材・文●田嶋コウスケ


―――◆―――◆―――


後編は近日公開

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事