【日本代表 隠れ名勝負】ジダンの美弾を超えるゴラッソ!世界王者を追い詰めたC大阪の凸凹コンビ

【日本代表 隠れ名勝負】ジダンの美弾を超えるゴラッソ!世界王者を追い詰めたC大阪の凸凹コンビ

2020.5.31 ・ 日本代表

シェアする

ワールドカップやアジア最終予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップといったメジャーな大会ではなく、マイナーな大会や親善試合においても日本代表の名勝負は存在する。ともすれば歴史に埋もれかねない“隠れ名勝負”を取り上げる短期集中連載。第5回は2000年、トルシエジャパン時代のフランス戦を振り返る。(文●飯尾篤史/スポーツライター)


――◆――


 百戦錬磨の大男たちが、呆然と立ち尽くしている。ブランが、ヴィエラが、信じられないといった表情で、ゴールを見つめている。


 世界王者のフランスにひと泡ならぬ、ふた泡も吹かせたのは、終わったばかりのJ1第1ステージで最後の最後に涙をのんだセレッソ大阪の凸凹コンビ、西澤明訓と森島寛晃だった。


 2000年6月、トルシエジャパンはカサブランカにいた。開催国のモロッコ、フランス、ジャマイカと争うハッサンⅡ世国王杯に出場するためである。


 日韓ワールドカップまで、あと2年――。トルシエとの契約が6月いっぱいで切れるため、この大会とキリンカップの計4試合は、契約延長か否かを決める審判の場だった。


 98年9月に日本代表監督に就任したトルシエは、U-20日本代表を率いた99年のワールドユースでは準優勝の金字塔を打ち立てたものの、A代表ではこれといった結果を残せていなかった。


 99年7月のコパ・アメリカでは1分け2敗と惨敗。9月にはイランと1-1、2000年3月には中国と0-0、4月には韓国に0-1で敗れ、アジア相手にも勝てない有様だった。


 果たして、トルシエは自国開催のワールドカップを任せるに足る人物なのか――。


 その判断を下す6月シリーズ初戦の相手が、あろうことか世界王者なのだ。トルシエの不運を思わせる巡り合わせだった。


 ところが、ゲームは予想外の展開を見せる。

 先手を取ったのは、日本だった。34分、リザラズのクリアミスを拾った稲本潤一が柔らかいパスをゴール前に送り込む。そこに走り込んだのは、森島だった。追走するデザイーに捕まる前にフィニッシュへと持ち込むと、一度はGKバルテズに弾かれたものの、自ら頭でプッシュして先制ゴールを決める。


 60分にはプティのフィードで抜け出したジダンがワンタッチでGK楢崎正剛の頭上を抜き、落ちてきたボールを左足アウトサイドで流し込む華麗な同点ゴールを披露したが、9分後には、それ以上に華麗で、芸術的なゴールが飛び出した。


 三浦淳宏が左サイドで何度も切り返し、ファーサイドにクロスを放り込む。そこに西澤が走り込んでくる。右足インステップで豪快に叩いたボレーがフランスゴールを撃ち抜いた。 その後、ジョルカエフの同点ゴールを浴び、PK戦の末に敗れたが、世界王者を土俵際まで追い込んだことは誰の目にも明らかだった。


「オートマティズムを確認することができた。本当に満足している」


 自身の母国を相手に堂々たる戦いを繰り広げたトルシエは、胸を張った。


 EURO2000を控えたフランスにとって、この試合が調整の一環だったことは間違いない。実際、9か月後には、サンドニでフランスの本気を見せつけられることになる。

 だが、このドロー劇がチームに自信をもたらし、ワールドカップまでトルシエにチームを託すという機運を高めたのも確か。


 6月シリーズ最終戦となるキリンカップのボリビア戦に2-0と勝利すると、横浜国際総合競技場のスタンドから「トルシエ・ニッポン」の大合唱が鳴り響くのだった。


文●飯尾篤史(スポーツライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事