メッシ?カソルラ?岩渕真奈が披露したマンC戦の超絶テクニックをアーセナル公式が「マナマジック」と命名

メッシ?カソルラ?岩渕真奈が披露したマンC戦の超絶テクニックをアーセナル公式が「マナマジック」と命名

2021.9.28 ・ なでしこ

シェアする

 岩渕真奈の華麗なプレーが「マナマジック」として定着してきたようだ。


 アーセナル女子は9月27日、クラブの公式ツイッターを更新し、「MANA-MAGIC」として現地時間26日に行なわれたイングランドの女子プロサッカーリーグ(WSL)の第3節・マンチェスター・シティ戦の岩渕のプレーをピックアップ。


 86分に交代出場した岩渕は、左サイドでボールを受けると、ボディーフェイントと巧みなステップで寄せてきたディフェンダーに尻もちをつかせると、カットインからふたり目のディフェンダーもかわしラストパスを供給した。


 この投稿にファンも反応。5-0でマンチェスター・Cを下した試合で、ひと際目を引くプレーに、以下のようなコメントが寄せられている。


「かわしてからパス出すスピードもパススピードも鬼速いっす…」

「ボールを持つ姿勢が最高なので、すっかり騙されますね!見事!」

「キレっキレ」

「触れてもないのにこかすってマナマジック怖い~」

「めちゃくちゃスーパーだな」

「膝から崩れ落ちとる。こんなん出来たら最高過ぎるw」

「アンクルブレイク!」

「相手がコケるほどのボディフェイント、凄すぎます!!」

「マナが来てくれて最高だ!」

「『まなマジック』ってワードできてるのすごいな」



  また、「彼女はサンティ・カソルラのようだ。小さく、ドリブルが得意で、ボールをキープして笑顔にするのが得意」「マナドーナ」「メッシみたい」など男子の名プレーヤーたちに姿を重ねる投稿も見られた。


 今夏にアストン・ビラから加入した岩渕は8月21日に行なわれたUEFA女子チャンピオンズリーグ予選、PSV(オランダ)戦で挙げたスーパーゴールが、ファン投票によって決まるアーセナルの男女両チームを通じた8月のベストゴールに選ばれ、リーグ開幕戦では昨シーズンのチャンピオン・チェルシーを下す決勝ゴールをアシストするなど、ビッグプレーを連発。次はどんな“マジック”を披露してくれるのか、ファンの期待は膨らむばかりだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事