「どこか背負っていたものを下ろせたと思う」なでしこ復帰、浦和MF猶本光が抱いていた心の葛藤とは?

「どこか背負っていたものを下ろせたと思う」なでしこ復帰、浦和MF猶本光が抱いていた心の葛藤とは?

2021.11.24 ・ なでしこ

シェアする

 今月19 日、なでしこジャパン池田太監督就任後、初の海外遠征メンバーが発表された。海外組が加わるなか、三菱重工浦和レッズレディース(以下・浦和)MF猶本光の名があった。



 高倉麻子前監督のもと、猶本は今年3月の代表候補合宿以来、呼ばれず、東京五輪の代表選考から外れた。しかし池田監督就任後、先月の代表候補合宿に続いての招集となった。


 なぜ代表復帰できたのか。


 池田監督は選考要件として、所属チームでの活躍、そしていかに献身的にプレーできるかを挙げた。それとともに、ゴールに向かい、ボールを奪いにいく縦への推進力が求められている。その点で猶本のプレースタイルが合致しているからだ。


 理由はここ1年半の猶本のプレーにある。


 これまでボールを捌くイメージが強かったが、昨年1月、浦和復帰後、トップ下で起用されてからプレースタイルが大きく変わった。従来の豊富な運動量をベースにドリブル、シュートの数が増え、同時に質も向上。攻守両面でよりアグレッシブさが増した。


 ただ最初からうまくいったわけではなかった。


 猶本曰く、昨季は試行錯誤の連続。しかしその甲斐あって、今季は「できるプレー幅が広がり、多くの選択肢を持ってプレーできるようになった」と手応えを語った。



 さらに池田監督は就任前から足しげく試合会場を訪れていた。


 その際、意識したのは「ボールが来る前の準備のプレー。良い準備ができているか。認知と判断を見ていた」と明かした。


 正しい判断による正しいプレー。その前提となる準備。猶本が招集される素地が備わっていると判断された。


 一方で、猶本自身の心に揺らぎがあったようだ。


 それはプレーを見て感じられた。今年3月に開幕したプレシーズンマッチ(以下PSM)で、猶本はどこか抑えてプレーしていたように感じた。しかし東京五輪を経て、9月に開幕したWEリーグが始まると、のびのびと自由闊達なプレーとなった。


 この変化は何か。

「ケガが治ったことが一番大きい」と話すのが浦和・楠瀬直木監督。


 プレシーズンマッチ開幕マイナビ仙台戦での右足負傷の影響か、しばらく状態が良くなかったようだ。

 「猶本はあまり無理せず、WEリーグに合わせてプレーしていたとも言える。もう少し無理してもよかったのかなとも感じたが、東京五輪代表選考があって、慎重になっていたかもしれない(楠瀬監督)」


 これを裏付けるように5月27日に行なわれたチームのオンライン会見で、猶本は東京五輪について「なんとも言えないというのが正直なところ」と話すなど、万全な状態でないことが伝わる。

  また選考から外れた当時について猶本はこう振り返った。

「あまり長い間落ち込んだわけじゃないが、応援してくれていた人たちに申し訳ない気持ちがあった」と同時に「五輪がダメだったから次は23年女子W杯だ、その前に予選(22年3月開催・女子アジアカップ)があるな、そこに向かって成長するしかない」と気持ちを切り替えたことを明かす。(※10月20日 代表候補合宿時のオンライン会見)


 これを裏付けるように楠瀬監督は「ケガが治って、五輪が終わったこともあって、どこか背負っていたものを下ろせたと思う。いろいろな我慢があったようだが、いまは思い切ってできている」と心模様を語った。


 コンディション不良。東京五輪。そして多くのプレッシャー。様々な事象から解放された猶本にとって、この夏はリスタートの季節となった。


 今回の招集で浦和と同じ背番号「8」を託された猶本光は新たな輝きをピッチで放つ。


取材・文●佐藤亮太(レッズプレス!!)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事