ヤングなでしこ、豪州に先制許すも植木、宝田らの活躍で大量5得点逆転勝利、準決勝進出に大きく前進

ヤングなでしこ、豪州に先制許すも植木、宝田らの活躍で大量5得点逆転勝利、準決勝進出に大きく前進

2017.10.20 ・ なでしこ

シェアする

19日、AFC U-19女子選手権中国2017の2戦目が行われ、U-19女子日本代表はU-19女子オーストラリア代表と対戦。“ヤングなでしこ”は、前半13分にミスから失点するが、後半にエース植木理子の活躍もあり、5ゴールを奪って快勝。2連勝でグループ首位に立った。


勝ってグループステージ突破を確定的なものにしたい“ヤングなでしこ”。スタメンGKは鈴木あぐり、最終ラインは右から牛島理子、長嶋玲奈、小野奈菜、北村菜々美。ダブルボランチに林穂之香と昨年のU-17W杯MVPの長野風花。右サイドハーフに宮川麻都、左に宮澤ひなた。2トップに児野楓香と植木理子が入る、4-4-2でスタートした。


立ち上がりから、攻勢に出たのはスピードとフィジカルに優れるオーストラリア。前半13分、オーストラリアのエース・シームセンが長嶋のバックパスを拾うと、GK鈴木の頭上を越すシュートを放つ。鈴木は手を伸ばしてボールに触ったが、ボールはゴールネットに吸い込まれていった。


同点に追いつきたいヤングなでしこは、エースの植木、宮川、宮澤のサイドハーフが果敢に攻め上がり、決定機を迎えるが、アタッキングサードでプレーの精度を欠き、オーストラリアのゴールを破ることはできない。


前36分、植木がペナルティエリアでボールを奪い、中央の宮澤へパスを送る。宮澤はワントラップからシュートを打つが、オーストラリアのDFにブロックされてしまう。一方、前半39分には長嶋のクリアが小野に当たり、あわやオウンゴールという場面もあり、一進一退の気が抜けない展開が続く。


後半6分、ヤングなでしこがようやくゴールをこじ開ける。児野のパスを受けた植木がGKと1対1の場面でブロックされると、こぼれ球を宮川がダイレクトで蹴り込み、1対1の同点に追いついた。


勝ち越しを狙うヤングなでしこは、後半9分、児野に替えて、初戦でハットトリックを記録した宝田沙織を投入。そして後半13分、ヤングなでしこが林のビューティフルゴールで勝ち越しに成功する。植木がドリブルで相手を引きつけ、下げたボールをペナルティエリアの外から林がダイレクトで蹴り込み、ゴール右隅に狙いすましたシュートを突き刺した。


こうなると、ヤングなでしこの勢いは止まらない。後半21分、長野が左サイドへ絶妙なパスを通すと、植木がドリブルで相手を引きつけ、ペナルティエリアでフリーになった宮澤がゴール右に流し込み、3点目をゲット。後半27分には植木の個人技でゴール前に進入すると、クロスバーに当たったボールを宝田が押し込み4点目。試合を決定づける。


後半28分、攻守に大車輪の活躍を見せた長野に替えて福田ゆい、後半33分には植木を下げて、今大会初出場の村岡真実を投入。大黒柱を温存する余裕を見せる。後半アディショナルタイムには、宝田が宮澤のシュートの跳ね返りを押し込んで5点目。直後、試合終了のホイッスルが鳴り、ヤングなでしこが見事な逆転劇で勝利をつかみとった。


試合後、池田太監督は「(相手が)前に来るのを受けてしまった。そこは反省点ですが、しっかり返してくれました。次の試合もあるので、最後まで気を抜かないでやっていきたい。チーム一丸となって勝利して、次のステップに向かいたい」と、大勝にも気を緩めることなく、次の試合を見据えていた。


決勝ゴールの林は「自分たちの技術を発揮すれば、必ずゴールすることができると思っていた。絶対に点を決めようと思っていたので、得意な形でゴールができて良かった」と喜びをにじませた。


この勝利により、ヤングなでしこは2戦を終えて勝点6を獲得し、準決勝進出を決定的なものにした。グループステージ最終戦の相手は韓国。負けられない日韓戦は22日(日)15時55分より、CSテレ朝チャンネル2で生中継される。


シェアする

最新記事