【動画】調子の上がらないなでしこジャパン、アルガルベで自信を取り戻せ

【動画】調子の上がらないなでしこジャパン、アルガルベで自信を取り戻せ

2018.2.26 ・ なでしこ

シェアする

日本女子サッカー代表、なでしこジャパンは来年フランスで開催されるW杯の本戦出場権を得るべく、4月ヨルダンで開催されるAFC女子アジアカップに挑む。この大会で上位5チームに入ればフランスへのチケットを確保出来ることになるが、2011年W杯優勝、2012年ロンドン五輪準優勝、2015年W杯準優勝という戦績を誇ってみても、やや不安な気持ちを抱かざるをえない、というのが正直なところだ。


リオ五輪のアジア最終予選で敗退後、チームは高倉麻子監督による若返りを進めて来た。永里優季や宮間あや、川澄奈穂美といった実績を持つ選手たちが退き、横山久美、長谷川唯、北川ひかるといったニューフェイスがプレイする機会を得て、チームの中核を担おうとしている。昨年のFPFアルガルベカップでは2勝2敗で6位と結果は振るわなかったものの、横山が4得点で得点王に輝き、長谷川や北川も攻守に活躍、このまま順調にチームの強化が進むものと思われた。だが、実際は足踏み状態が続いている。その後の親善試合や昨年末に行われたE-1選手権では結果が出せず、格下だったはずのチームに敗れてしまうことも増えた。ライバルたちの強化が進んでいるという見方もできるが、試合を支配していながらも勝ち切れなかったり、軽率なミスから失点を重ねるようなシーンが増えた。技術面、戦術面の問題以上に、メンタル面での弱さが気になる。築き上げてきた自信や勝ち癖はどこへ消え去ってしまったのだろうか。


AFC女子アジアカップではベトナム、韓国、オーストラリアとグループリーグB組で戦い、2位に入れば準決勝に進出となりW杯出場が決まる。3位通過でもA組3位との決定戦に勝利すればOK。実績的に考えれば決して高くないハードルと言えるが、今のなでしこの状態を見れば楽観的な予想はし難い。失った自信を少しでも回復したいところだ。限られた強化日程の中で、本当に大きな意味を持ってくるのが今年のFPFアルガルベカップである。オランダ、アイスランド、デンマークという欧州3カ国を含む強豪チームと戦える貴重な機会であり、高倉監督としても戦力の見極めを行うことができる最後のチャンスでもある。試合は全試合地上波で生中継予定、ぜひご覧になっていただきたい。


2/28(水)日本女子代表 vs オランダ女子代表 24:25〜

3/2 (金)日本女子代表 vs アイスランド女子代表 24:10〜

3/5 (月)日本女子代表 vs デンマーク女子代表 24:25~

3/7 (水)順位決定戦 23:40~

※中継は全試合フジテレビ系列、時刻は日本時間

写真提供:getty images

シェアする

最新記事