【ハイライト動画】ピッチコンディションに翻弄されながら粘り強く対応したなでしこ、アイスランドに競り勝つ

【ハイライト動画】ピッチコンディションに翻弄されながら粘り強く対応したなでしこ、アイスランドに競り勝つ

2018.3.3 ・ なでしこ

シェアする

日本時間3日、アルガルベカップに参戦中のサッカー女子日本代表"なでしこジャパン"が、アイスランド女子代表と対戦。試合を通じて終始ボールを支配したなでしこは菅澤優衣香、宇津木瑠美のゴールで2対1で勝利。アルガルべカップ2戦を終え、1勝1敗とした。


グループ初戦のオランダ戦を2対6で落としたなでしこ。連敗は避けたい2戦目は中一日ということもあり、初戦から10人を変更。スタメンはGK山下杏也加、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、高木ひかり、宇津木瑠美。ダブルボランチは猶本光と隅田凜、右に増矢理花、左に横山久美。2トップに菅澤優衣香と岩渕真奈が入る4-4-2でスタートした。


アルガルベカップでは、昨年開催された女子の欧州選手権で優勝したオランダ、準優勝のデンマークと同組となったなでしこ。グループで最も力が落ちると目されているアイスランドとの試合は、立ち上がりからなでしこが攻勢に出る。


前半9分、岩渕のスルーパスに抜け出した猶本がシュート。これはGKに防がれたが、直後に増矢がペナルティーエリアの外から右足でシュートを放つなど、なでしこの持ち味である連動した攻撃が出始める。


そして前半15分、清水がゴール前に入れたシュート性のボールに対し、飛び出してきたGKの目の前で菅澤が右足で触ってコースを変え、ゴールに流し込んだ。


前半23分には岩渕が左サイドをドリブルで突破し、中央へ折り返しのパスを送る。これに反応した増矢が左足で合わせるが、わずかにゴール左。前半32分には増矢のスルーパスに抜け出した岩渕がシュート打つが、GKにストップされた。


時折、激しい雨と風が舞う劣悪なコンディションの中、なでしこは冷静に試合をコントロール。パスをつないでボールを支配し、アイスランドに決定的なチャンスを作らせない。


後半17分には菅澤、増矢に替えて長谷川唯、大矢歩を投入。後半23分には横山が岩渕とのワンツーで抜け出し、ペナルティエリア内で右足を振り抜くが、GKの正面を突いた。直後の後半25分には、途中出場の大矢が右足でボレーシュートを放つが、GKのファインセーブに遭い、追加点を奪うことができない。


後半25分、隅田に替えて中島依美を投入。積極的な選手交代で2点目を奪いに行くが、後半28分、コーナーキックのこぼれ球をグローディスペルラに右足で決められ、同点に追いつかれてしまう。


勝ち越しを狙うなでしこは後半31分、横山に替えて田中美南を送り込み、ゴールを目指す。そして後半40分、押し込んでいたなでしこがゴールをこじ開ける。中島が右から上げたクロスに宇津木が頭で合わせ、相手選手に当たったボールはゴールに吸い込まれていった。


このゴールが決勝点となり、なでしこが2対1で勝利。試合後、高倉麻子監督は「前半は良いリズムで進んでいった。芝でボールが走らないところもあり、シュートまで持っていけない中で、失点して苦しい流れになったが、あきらめないで戦ってくれた。最後、何とか勝ちきることができたのはよかった」と振り返り、次の試合に向けては「次も良いゲームができるようにがんばっていきたい。いいコンビネーションを1つでも多く見つけながら、攻守ともに積み上げていきたい」と、試合をこなすごとに成長していくつもりだ。


アルガルべカップ3戦目の相手は、欧州の強豪デンマーク。勝ってグループステージを締めくくりたいなでしこ。注目の一戦は5日(月)深夜24時25分より、フジテレビ系列で生中継される。

写真提供:getty images

シェアする

最新記事