【ハイライト動画】なでしこジャパンの攻撃陣沈黙...カナダに力負けで成績は6位フィニッシュ

【ハイライト動画】なでしこジャパンの攻撃陣沈黙...カナダに力負けで成績は6位フィニッシュ

2018.3.8 ・ なでしこ

シェアする

日本時間7日、サッカー女子日本代表“なでしこジャパン”が、アルガルベカップでカナダ女子代表と対戦。なでしこはフィジカルに優れたカナダの前に決定機を作ることができず、守備のミスを突かれて0対2で敗戦。大会最終戦を勝利で飾ることはできなかった。


グループステージ3節目から中1日で『5、6位決定戦』に臨んだなでしこ。前の試合から3名を変更し、GKは山下杏也加、最終ラインは右から有吉佐織、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。ダブルボランチに阪口夢穂と隅田凜。右に中島依美、左に長谷川唯。2トップには岩渕真奈と菅澤優衣香が入る、4-4-2でスタートした。


立ち上がりから強い雨が降りつける中、両チームとも一進一退の攻防が続く。最初にチャンスをものにしたのはカナダ。前半20分、左サイドでパスを受けたベッキーがドリブルで切れ込み、シュートを放つ。このボールがペナルティエリア内で中島にあたり、跳ね返ったボールを右足でゴール右上に蹴り込まれた。


まずは1点返したいなでしこ。前半30分には最終ラインからビルドアップし、有吉、中島、菅澤とパスをつなぎ、中島がドリブルでペナルティエリアに侵入する。しかし、GKの目前でDFにスライディングタックルされ、シュートに持ち込む事ができない。


なでしこは後半開始から、有吉に替えて、攻撃力のあるサイドバックの清水梨紗を投入。しかし、後半5分に長谷川、熊谷が最終ラインで立て続けにボールを奪われると、ローレンスにシュートを決められて0対2。リードを広げられてしまう。


攻撃の形が作れないなでしこは、後半13分に中島、菅澤を下げて宇津木瑠美と田中美南を同時に投入。田中は持ち味のボールキープで攻撃の起点になるが、シュートの形を作るまでには至らない。


後半26分、なでしこをアクシデントが襲う。途中出場の清水が接触プレーで右足を負傷し、途中交代を余儀なくされてしまう。替わって高木ひかりが投入されたが、途中投入の清水を失うことになってしまった。


後半34分には、右サイドでボールを受けた田中が巧みなボールコントロールで中央へ切れ込み、左足でシュート。これは相手に当たってGKにキャッチされたが、ようやくシュートに持ち込むことができた場面だった。


後半41分にはセットプレーから、熊谷が相手と競り合いながらヘディングをシュートを打つが、ゴールの枠を捉える事はできず。


後半アディショナルタイムには、田中がペナルティエリアで倒されてPKを獲得。これを自ら蹴るが、GKにストップされてゴールならず。直後、試合終了のホイッスルが鳴った。


試合後、高倉麻子監督は「相手の圧力に負けるシーンが多かった。集中力が切れたところでやられているので非常に悔しい。選手達は最後まで、ゴールに向かってプレーしてくれた。この悔しい敗戦を無駄にしないためにも、次につなげていきたい」と、完敗に終わった試合を振り返った。


アルガルべカップを2勝2敗で終えたなでしこ。この地で強豪と戦って得た経験を生かし、4月に開幕するアジアカップ(兼W杯アジア最終予選)につなげたい。

写真提供:getty images

シェアする

最新記事