カナダ相手にペースを掴みきれなかったなでしこ「球際の戦いにほとんど勝てていなかったところが一番の敗因」

カナダ相手にペースを掴みきれなかったなでしこ「球際の戦いにほとんど勝てていなかったところが一番の敗因」

2018.3.8 ・ なでしこ

シェアする

FPFアルガルベカップ2018の最終戦となった5・6位決定戦が7日、カナダとの間で行われ、0−2と敗戦を喫したサッカー日本女子代表"なでしこジャパン"。初戦でオランダに大敗してからは立て直しに成功して2連勝を飾っていたが、北米の難敵相手にペースを掴みきれないまま90分の戦いを終えた。試合後にDF熊谷、FW岩渕、MF阪口、FW櫨に話を聞いたが、カナダ相手にどういうサッカーをするか、という部分でややズレがあったようにも感じる。ぜひ映像でも直接ご確認いただきたい。


4月にヨルダンで行われるAFC女子アジアカップは来年フランスで開催されるW杯の最終予選を兼ねている。ここで上位5位に入ることは実績から考えれば確実視されるべきだが、現在のチーム状況を見ていると、本大会の出場権獲得に失敗したリオ五輪予選の記憶が頭をよぎる。なでしこの奮起に期待したい。


DF 熊谷紗希選手

やっぱり自分たちのボールを持っている時間というのが、中々作れなかった。球際の戦いにほとんど勝てていなかったところが一番の敗因。シュートまで持っていくという形が、カナダ相手に中々出来なかった。"球際での戦い"って当たり前のところなんですけど、もっともっと個々がレベルアップしなければいけないですし、チームとして詰めながらワールドカップ予選に向けて良い準備をしていきたいなと思います。


FW 岩渕真奈選手

やっぱり最初の立ち上がりの部分で少し弱気になってしまっていたかな、っていうのを多少感じていて、技術のある選手が多いのでボールを受けてはたいて、っていう繰り返しが出来ていたら、もっと自分たちのゲームに出来ていたのかなと思います。(4月のAFC女子アジアカップまで)短い時間しかないですけど、一日一日、選手個人個人がしっかり高いところを目指してやらないといけないと思いますし、また集合してからチームとして詰めるところを詰めて戦いたいなと思います。


MF 阪口夢穂選手

前半は割と守備もやられている感はなくて、むしろ良い連携でいけていると感じていたんですけど、やっぱり決められるところを決められてしまいましたし、先に失点してしまうとズルズルいっちゃうというのが率直な感想です。やっぱり前半に失点しないというところは、みんなの気持ちでどうにかなる部分でもあると思うので、まずはそこからかなと思います。


FW 櫨まどか選手

やっぱり良い守備で、選手同士が良い距離感で(ボールを)奪えると、攻撃にもすごく厚みがかかるというのは、(ピッチの)外から見ていても思ったし、前衛の選手としては決めきる決定力の部分をもうちょっと上げていかないとな、と思います。(代表に初招集された昨年)7月からあっという間という感じなんですけど、本当に自分の成長というか、まだまだみんなに追いついていないですし、意識をもっと高く持ってやっていかなきゃな、と思います。

シェアする

最新記事