【なでしこ vs 豪州代表 前日コメント動画②】DF宇津木瑠美「リスクを犯してでもロングボールを蹴らせない対応をしなければいけない」

【なでしこ vs 豪州代表 前日コメント動画②】DF宇津木瑠美「リスクを犯してでもロングボールを蹴らせない対応をしなければいけない」

2018.4.13 ・ なでしこ

シェアする

日本時間の本日4月13日夜、なでしこジャパンはアジア最終予選を兼ねたAFC女子アジアカップ2018、グループリーグ第3戦・オーストラリア女子代表戦を戦う。第2戦・韓国戦に勝利していればFIFA女子ワールドカップ2019フランスの本大会出場を決めることが出来たが、引き分けてしまった日本。オーストラリアに勝てない場合は決勝トーナメントに進めず、5位決定戦に回る可能性も出てきてしまった。決戦前日に調整を行ったチームから DF宇津木瑠美、DF市瀬菜々、FW菅澤優衣香のコメント。


DF宇津木瑠美選手

「(韓国戦の)前半に関しては自分たちがうまくリズムを作れない時間もあったんですけど、後半はそれを改善出来て、『前半からできたら良いよね』と試合の後に話し合った。それを次のオーストラリア戦に生かすためにも、自分が前半からそのリズムで戦えるようにチームが活性化するような動きをしたいです。先手を取って、ちょっとリスクを犯してでもロングボールを蹴らせない対応をしなければいけない時もあるし、空中戦でファール気味になっても思い切っていかないといけない時もある。そういった意味でリスクを犯してどこで戦っていくか、明日も120%全員で戦っていければいいかなと思います。」


DF市瀬菜々選手

「オーストラリアはスピードも速くてパワーもあるので、守備面では裏一本でやられないことと、ゴール前で体を張ってシュートを打たせないこと。点を取られなければ負けることはないので、まずは点を取られないこと。あとは勝利に向けて貪欲な気持ちで臨みたいと思います。だいぶ身体がフィットしてきたというのは感じます。スピードにも慣れてきたと思います。」


FW菅澤優衣香選手

「フィジカル的な部分で前でキープするだとか、他の選手にない高さを生かしたプレーは求められている部分だと思うので、そういったところはオーストラリア戦でも出していけたらと思っています。(オーストラリアは)前に速いという情報は入っているので、なるべく蹴らせないように前線からの守備でやろうとチームで話しています。チーム全員で勝って(W杯の)出場権獲得と決勝トーナメント進出できるように頑張りたいと思います。」


なでしこジャパン(日本女子代表) vs オーストラリア女子代表

4/13(金) 22:45よりキックオフ予定

テレビ朝日系列で全国生中継

シェアする

最新記事