バーを味方につけた日本、苦しい戦いを制して2大会連続の決勝へ!

バーを味方につけた日本、苦しい戦いを制して2大会連続の決勝へ!

2015.7.2 ・ なでしこ

シェアする

FIFA女子ワールドカップカナダ2015、日本vsイングランドは2−1、後半アディショナルタイムにうまれたイングランドDFのオウンゴールで苦しい試合を制し、2大会連続の決勝進出を決めた。


立ち上がり、イングランドがスピードと強さで日本のゴールに迫り、日本が集団で守備をする展開が続く。イングランドはボランチに対してしっかりとプレッシャーをかけてくるため、日本はなかなかチャンスが作れない。


だが、先制は日本。前半32分、DFラインの裏に出たボールに有吉が反応、うまく体をいれてペナルティエリアへ侵入するとDFファラティが後ろから倒してしまい、主審はPKの判定。キッカー宮間がじっくり溜めに溜めてゴール左に決めた。


これで精神的に優位に立った日本だが、イングランドの攻勢に受け身になってしまい、失点につながる。前半38分、イングランドの右CKからのこぼれ球がDFホートンの前にこぼれたタイミングでホートンが転倒、非常に微妙ながら大儀見がファウルしたという判定でイングランドにPKが与えられる。これをMFウィリアムズが決めた。前半はこのまま1−1で終了した。


後半に入ると、日本は連戦の疲れからか動きが重くなり、なかなか前にボールを運べず、イングランドのロングボールとサイド攻撃をギリギリのところで凌ぎきる時間が続く。イングランドの惜しいシュートがバーに当たるなど、前半よりもヒヤッとする場面が増える。


このシーンを詳しく見る

後半に入って全くシュートが打てていなかった日本は24分、大野に替えて岩渕を投入、これによって日本の攻撃がやや持ち直す。


このシーンを詳しく見る

延長戦に入るかと思われた後半アディショナルタイム、イングランドの攻撃を凌ぎ切った日本はカウンターを狙う。右サイドでボールを受けた川澄が前線の大儀見にラストパス、これをイングランドDFバセットがクリアしたが、ボールはイングランドゴールのクロスバーを直撃、ボールはゴールラインを割り、日本が土壇場でラッキーな得点で勝ち越し、日本がイングランドから勝利をもぎ取った。


試合は終始イングランドペースだったが、粘り強い守備とクロスバーの幸運によって生き残った。これで二大会連続の決勝進出を決めたなでしこジャパン、決勝も相手アメリカは前回大会と同じだが、ロンドン五輪決勝で敗れていることもあり、リベンジの意味合いが強い戦いになりそうだ。注目の決勝は7月6日AM8:00キックオフ。

この試合を詳しく見る

写真提供:getty images

シェアする

最新記事