アメリカ、立ち上がり怒涛の攻撃で日本を突き放し、W杯を奪還

アメリカ、立ち上がり怒涛の攻撃で日本を突き放し、W杯を奪還

2015.7.6 ・ なでしこ

シェアする

FIFAカナダワールドカップカナダ2015、前回優勝日本と前回準優勝アメリカによる対戦は、前半15分までにアメリカが4点を奪う猛攻を見せ、日本は流れを掴ませないまま5−2で勝利、4大会ぶり最多3回目のワールドカップを勝ち取った。


まさに怒涛の攻撃、だった。前半開始早々の3分、アメリカは右サイドCKをラピノーがグラウンダーで入れると、MFロイドが合わせて先制した。身長差を活かして来るセオリーの裏をかかれる形での失点、これで日本は動揺してしまう。


続けざまの5分、アメリカが右コーナー付近でFKを獲得、先制点と同じような展開で今度はホリデーがグランダーのボールを入れるとDFジョンストンがワンタッチ、流れてきたボールを再びロイドが叩き込んだ。


落ち着いて仕切り直したい日本だが、悪い流れを止められない。13分、右サイドからアメリカはヒースがクロスを入れる。岩清水が無難にクリアできそうなボールだったが、ヘディングが中途半端になり、そのボールをMFホリデーがダイレクトでシュート、日本、そして岩清水にとっては悔やまれる失点となった。


さらに後半15分、好調ロイドが抜け目のないプレーで得点を重ねる。焦りから日本の中盤でのパス回しが乱れると、ロイドがボールを奪い、素早いモーションからロングシュート、GK海堀は前目のポジションから戻りきれず、ゴール。ロイドはこれでハットトリックを達成した。


何とか一点取り返したい日本は、徐々にいつものパス回しができるようになり、前半26分、ようやく反撃の狼煙を上げる。阪口、宮間と繋いだボールが右サイドの川澄に。川澄はゴール前で待つ大儀見にボールを入れると、抜群のトラップとターンでDFをかわし、ゴール左にコントロールショットを決め、1点を返した。


日本ベンチは不安定なDFラインを修正するため、岩清水に替えて澤を投入、さらにアメリカのDFラインを下がらせるために川澄に替えて高さのある菅澤を投入した。


後半に入るとすぐに日本は2点目を取る。6分、右サイドからのFK、宮間がゴール前にいる澤を狙ったボールを送ると、DFジョンストンが頭に当てたボールはそのままゴールに吸い込まれた。


2点差に詰め寄り反撃ムードが高まるも、またもやCKによって突き放されてしまう。8分、アメリカは左CK、速いボールを日本ゴール前に送るとそのままボールは右サイドに流れ、収めたブライアンがゴール前に入れるとヒースがダイレクトで合わせ、アメリカ5点目をゲット。再び点差を3に広げた。


これで勝負はついてしまった。その後、日本は岩渕を投入しチャンスを作るも得点は変わらず試合終了となった。5点を奪われてしまた日本だったが、失点は全てセットプレイと自らのミスによるもの。アメリカに崩されるシーンは特になかっただけに、不安定な立ち上がりが悔やまれる。


ただ、決勝までの勝ち上がりは見事であり、フィジカル的な劣勢を常に強いられる中での準優勝、ワールドカップと五輪を合わせると3回連続でファイナルに勝ち残ったことは誇るべきことだ。次の舞台、リオ・デ・ジャネイロ五輪は来年開催、雪辱のチャンスは近い。


この試合を詳しく見る

写真提供:getty images

シェアする

最新記事