「立ち上がりの10分で決まる、改めて身に染みた」

「立ち上がりの10分で決まる、改めて身に染みた」

2015.7.7 ・ なでしこ

シェアする

アメリカ戦後の宇津木選手コメント概要は以下のとおり


「90分てすごく長いようで、サッカーって最初の立ち上がり10分で決まっちゃうんだな、というのを改めて身に染みた90分でした」


「 出来た部分ももちろんあったけど、今後、自分たちがもっと成長しなくてはいけないと思っています。今日現在が自分たちが持っている全ての力だと思っているので、この結果をしっかりと受け止めて、もう一度みんなで話し合いたいと思います」


「出来たところももちろんあった。世界2位に誇りを持ちながら、まだまだ成長していきたいと思います」


「4年間で自分が変わったことは、本当に微々たることで、サッカーの技術が4年間で大きく変わったというわけではなくて、人間として4年間成長した」


「海外に移籍したり、コミュニケーションの大事さ、団体スポーツに大切なものはなにか、人間として何が大事なのか、チームとして何が大事なのか、改めて振り返ることが出来た4年間だった」


「なでしこのメンバーの凄さというものを改めて考えた4年間が、自分を成長させてくれたのかな、と思いました」


-----倒しがいのある相手アメリカ、新たな挑戦が始まる


「決勝に相応しい相手とやれたという事は自分たちにとっては凄く誇りに思う事。まだまだ自分たちの手の届かない、届きそうで届かないという所は、まだまだ現実としてはあるんですけど、決して無理ではないというのも、今、自分達が感じている事なので、今後継続してやっていきたいと思います」


コメントの詳細は動画で


この試合を詳しく見る

シェアする

最新記事