「勝つことは当たり前の事ではない」

「勝つことは当たり前の事ではない」

2015.7.7 ・ なでしこ

シェアする

アメリカ戦後の川澄、澤、安藤各選手コメント概要は以下のとおり


【川澄選手】

「本当にあっという間だったな、という感じです。」


「やはりここまでこれたのはチームメイトのおかげだと思いますし、こういう場で戦うことができて凄く嬉しかったです」


「前回も感じたことですけど、勝つことは当たり前の事ではないですし、本当にみんなが細かいことを積み重ねて努力して、一歩一歩階段を上っていくようにしないと行けないのがこういう場だと思いますし、それをやったのがなでしこだと思います。最後は本当に悔しい結果にはなってしまいましたけど、粉の仲間の一員でいられる事に、本当に感謝しています。」


「もう、とにかく上を目指して練習あるのみです」


【澤選手】

「失点をちょっと早い時間帯でしてしまったんですが、自分は外から見てたんですけど、取られちゃいけない時間帯に3失点くらいしてしまったのは、ちょっと痛かったかな、と思います」


「本当に今、みんなが持っている力を全て出し切ったと思うので、これが今の自分たちの結果だと思います」


「今回、自分の位置付けとしては最後のワールドカップとして臨みました。本当に悔いなく、自分自身は本当にやりきったと思っています」


【安藤選手】

「最後、優勝できなくて凄く悔しかったですけど、自分自身はここまで、決勝まで連れてきてもらって、仲間やノリさん含めスタッフに感謝の気持ちでいっぱいです」


「早い段階で失点してしまったんですけど、必ずみんながやってくれると思ってベンチからみんなで声を出していたんですけど、出ていた選手は最後まで、笛が鳴るまであきらめずに戦っていた姿は伝わったと思う。」


「監督からも『胸を張って帰ろう』って言ってもらったので、そういう風に帰りたいと思いますし、自分自身は早く復帰できるように、応援してくれるみんなからもたくさんのメッセージを頂いて、頑張る力になっているので、しっかり元気な姿を見せられるように頑張りたいです」


コメントの詳細は動画で


この試合を詳しく見る

シェアする

最新記事