『決勝まで課題が見つからなかった』という課題

『決勝まで課題が見つからなかった』という課題

2015.7.7 ・ なでしこ

シェアする

「もう1点取る」 


たとえ3点差があっても、たとえ試合終了まで残り1分を切っていても、なでしこジャパンは最後の最後までボールを追いかけた…そして試合終了。ベンチにいたアメリカの監督や選手がピッチになだれ込んだ。カナダ女子W杯の女王はアメリカに決まった。


この試合、前半の立ち上がりで全てが決まった。それは誰が見ても明らかだ。岩清水選手の責任を問う声もある。でも磯さんの分析は違います。決勝戦から見えた、なでしこジャパンの課題と新たな希望とは?大好評を得た磯さんの分析もこれで最後です。じっくりとうかがってみます。


モーガン・ブライアンの不敵な笑み


前半2分、なでしこの左サイドをえぐったMFモーガン・ブライアンによってアメリカはCKのチャンスをつかみます。その際、ブライアンはチームメイトに何故か笑みを見せました。なぜか。数分後にその意味が分かりました。アメリカは実に用意周到になでしこの裏を突く作戦を練っていました。このコーナーキックで失点。立て続けに13分の間に計4失点を重ねて、試合の趨勢は早々に決まってしまいました。


日本の弱点が一気に噴出


日本は徹底的に研究されていました。立ち上がりに押し込められると失点する、セットプレーに弱い、セットプレーにおいては高さ対策しか考えてなかった、鮫島が上がった後の左サイドを狙う…アメリカは日本の弱点を徹底的に狙ってきました。ロンドン五輪の決勝でも、アメリカは前半に勝負をかけてきました。スンドハーゲからエリスに監督が変わりましたが、対策は同じです。これは日本戦の分析やデータが蓄積されているからでしょう。


アメリカは4年前の敗戦を1日たりとも忘れていなかった


この試合に挑むアメリカ代表の表情には鬼気迫るものがありました。「2011年7月17日。私はこの日を忘れたことがない」FWアビー・ワンバックはこう語っています。アメリカ代表は4年前のドイツW杯決勝の屈辱を1日たりとも忘れていませんでした。女子サッカー大国アメリカにおいても、ドイツW杯のメンバーは‘史上最高’と評されました。それがまさかの敗北。しかも格下と思われていた日本にタイトルを奪われた。日本人が思っている以上にアメリカは、この一戦に準備をしてきました。試合の終了間際には前回大会でも活躍、40歳のクリスティ・ランポーンがわざわざ登場した意味もそこにあります。


『向こうの山のほうがレベルが高い』


ましてアメリカは準決勝でドイツに勝利、‘実質上の決勝戦’といわれた試合を制して、上り調子。またTV解説者が言ったように「トーナメントの向こうの山のレベルが高かった」というのも、残念ながら事実でしょう。日本は決して楽に勝ち上がってきたわけではありません。ただ、明らかに「向こうの山」は消耗戦の連続でした。優勝候補フランスはドイツと延長戦に敗北。その疲れを引きずったドイツはアメリカに完敗しました。厳しい競争を生き残ってきたアメリカはこの決勝戦、ベストフォーマンスを発揮しました。あらゆる意味で日本とのレベルの差は明らかでした。


決勝戦までに大きな課題がみつからなかったという‘課題’


日本も簡単に決勝まで来たわけではありません。ただ、タラレバではありませんが、仮にベスト8あたりでブラジルと当たっていれば、いくつかの課題や修正点が発見できたかもしれません。実は決勝戦まで、あからさまに日本の悪い点が出た試合は一つもありません。組み合わせの‘アヤ’はどの大会にもあって、必ずプラスとマイナスをもたらします。今回の組み合わせだからこそ、日本は決勝戦に駒を進めることができた。ただ、この組み合わせだからこそ、決勝戦まで課題を発見できなかったともいえます。


リスクマネジメントの分岐点は3失点目


ただ、2失点ならまだチャンスがあります。サッカーにおいて、そこからひっくり返した試合はいくらでもあります。問題は3失点目です。3失点目は岩清水のミスから、と多くのメディアで言われています。確かにクリアミスをローレン・ホリデーに決められました。しかし岩清水は非常に優れたディフェンダーです。本当の問題はそこに至るプロセスにあります。


3失点目は鮫島が上がった裏を狙ったもの。また(阪口)夢穂のパスミスからボールをカットされている。最終ラインでは熊谷が左サイドのケアにいったため、真ん中は岩清水が1対1の対応となってしまいました。このような状況は絶対に作ってはいけません。W杯の決勝戦レベルでは確実に失点につながります。「なぜ岩清水が、一人で対応しなければいけなかったのか」そこに至るプロセスで浮かび上がる課題こそが大事です。

このシーンを詳しく見る

川澄交代は早かったのか


この試合、戦略戦術やフィジカルなど敗因を挙げるならいくらでも出てくるでしょう。例えば前半38分の川澄選手の交代も一例です。1点目の起点となった彼女、2点目を取りにいくならそのままでも良かったのでは、という意見もあります。


でもノリさんには別の意図があったかもしれません。3バックにしたりと普段慎重なノリさんが、この試合では勝負に出ました。ノリさんにしても想定をはるかに越えた事態。それで自分のノートにない、初めてのフォーメーションを試みたのだと思います。ノリさんもまた、最後まで諦めず、何とか打開しようとしていました。


それにしても、なでしこたちの振る舞いは胸を熱くするものでした。序盤に4点失っても勝負を捨てず、むしろ奮い立ち、ゴールに迫り続けました。多くの人も、特にサッカー少女たちも心が震える体験をしたのではないでしょうか。


強豪国とのマッチメイクを


一つだけ提案をさせて下さい。敗因となったセットプレーの守備。実は昨年のカナダとの遠征試合で、すでに露呈していました。失点のすべてがセットプレーからだったのです。「来年のW杯で、必ずここを突いてくる国が現れる」とは、当時の宮間あやの発言です。まさにその通りとなりました。強化試合で課題が浮き彫りになったいい例です。


ドイツW杯の前年にはアウェイでアメリカと2試合戦いました。この時の経験がチームを格段に成長させました。日本との強化試合をすれば、もちろん、アメリカは手のウチを隠します。それでもやはり格上、強豪国との試合はやった方がいい。日本はアメリカやドイツに比べたらAマッチ数が圧倒的に少ない。なでしこの成長を阻んでいる理由の一つです。協会にお願いしたいのは、なでしこジャパンにとって厳しい相手とのマッチメイクをもっと増やして欲しいとうことです。


ぜひ、なでしこリーグへ


最後に御礼を。今回の私の拙い分析にお付き合いしていただき、本当にありがとうございました。私自身も反響の大きさに驚いております。また機会あればお話させていただければと思っております。そして今週末から再開するなでしこリーグ、白熱する試合をぜひご覧になってほしいと思います。(文・上野直彦)


この試合を詳しく見る

【池田 浩美 1975年12月22日生まれ、埼玉県出身。】


サッカー元なでしこジャパンキャプテン、尚美学園大学女子サッカー部総監督


本庄第一高等学校卒業後、田崎ペルーレに入団、主なポジションはディフェンダー。なでしこリーグでは、新人賞獲得を皮切りに、ベストイレブン9回、敢闘賞2回獲得という輝かしい成績を収め、2004年アテネ五輪ではゲームキャプテンとしてチームを牽引、大きく貢献。


その後、2007年FIFA女子W杯では既婚者プレーヤーとして旧姓の「磯崎」から「池田」に改姓しての出場となった。2008年東アジア選手権では優勝、なでしこジャパン初タイトルに大きく貢献したが、同年所属チームの休部に伴い、惜しまれつつも引退。


現なでしこJAPANの佐々木則夫監督とは、監督がコーチ時代から代表メンバーとして一緒に戦っており、監督就任後もキャプテンを務めている。監督からも、後にキャプテンとなる澤穂希選手からも信頼が厚い。

写真提供:上:getty images 下右:アマーイズ 下左:getty images

シェアする

最新記事