なでしこ、豪州から得点奪えず0−2、3連敗でアメリカ遠征を終える

なでしこ、豪州から得点奪えず0−2、3連敗でアメリカ遠征を終える

2018.8.3 ・ なでしこ

シェアする

日本時間3日、アメリカ遠征中のサッカー女子日本代表“なでしこジャパン”が、シカゴでオーストラリア女子代表と対戦。アジアのライバルに対し、一瞬のスキを突かれて2失点を喫したなでしこは、ゴールを奪うことができずに0対2で敗れ、「Tournament of Nations」3連敗で大会を終えた。


ここまで2戦2敗。勝って大会を終えたいなでしこのスタメンはGK平尾知佳、最終ラインは右から清水梨紗、三宅史織、鮫島彩、阪口萌乃。ダブルボランチに有吉佐織と隅田凛。左に長谷川唯、右に中島依美。2トップに横山久美と田中美南が入る4-4-2でスタートした。


今大会のオーストラリアはブラジルに勝利し、アメリカに引き分け。なでしこは今年4月のアジアカップ決勝でオーストラリアに勝ってはいるが、強敵であることに代わりはない。


先制点が欲しいなでしこは、立ち上がりから敏捷性を活かして攻勢に出る。長谷川、中島の両サイドが積極的に攻め上がり、2トップの横山、田中のコンビがボールを引き出し、オーストラリアの最終ラインに揺さぶりをかける。


前半14分には横山のボールキープから、攻め上がった中島がミドルシュート。ゴールを捉えることはできなかったが、積極性が見られた場面だった。前半20分過ぎからは横山、田中がシュートを打つなど、徐々に攻撃の形が見え始める。


前半44分にはペナルティエリアの外で得たフリーキックを横山が直接狙うが、GKに防がれてゴールならず。守備では代表デビュー戦のGK平尾を中心にゴールを守り、スコアレスで前半を折り返した。


後半に入ると、なでしこは一度に4人をチェンジ。田中、横山の2トップに替えて、岩渕真奈と菅澤優衣香。右の中島、ボランチの隅田に替えて増矢理花と三浦成美を送り込んだ。


試合が動いたのが、後半2分。左サイドで得たフリーキックをケネディが直接決めて、オーストラリアが先制する。まずは1点返したいなでしこは、後半9分に岩渕がカットインからシュートを打つが、相手に阻まれてゴールはならず。後半26分にも岩渕がペナルティエリアの外からシュート。わずかにゴール左に逸れたが、惜しい場面だった。


後半27分には左サイドバックの阪口に替わり、代表デビュー戦となる杉田妃和が入る。直後、オーストラリアのギルニクに強烈なシュートを打たれるが、GK平尾が右手一本でセーブ。守護神の活躍でゴールを死守する。


しかし後半36分、敵陣でのパスミスでカウンターを受けると、GK平尾がゴールを飛び出したところをカーにかわされ、無人のゴールに蹴り込まれてしまう。2対0にされた直後の後半40分、長谷川に替えて川澄奈穂美を投入し、交代枠を使い切ったなでしこ。反撃に出るが、最後までゴールを決めることはできず。アジアのライバルに2対0で完敗を喫した。


試合後、高倉麻子監督は「後半、メンバーを変える中でギアを上げる狙いがあったが、ミスが多いと、攻撃が広がっていかない。選手個人のところで見つめ直してほしい。ボールが繋がっていても、テンポアップしない中でゴールを決めきれない。相変わらずの課題」と厳しい表情。今月、ジャカルタで開催されるアジア大会に向けては「(今大会の)マイナスの経験をプラスに弾き返せるように、全員で戦っていきたい。良い結果を出せるように頑張っていきたい」と前を向いた。


世界の強豪相手に3連敗で大会を終えたなでしこ。この大会で見えた課題を修正し、8月のアジア大会で再び、アジアの頂点を目指して戦いを挑む。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事