若手中心のなでしこジャパン、0-3でイングランドに完敗。連係面が課題に

若手中心のなでしこジャパン、0-3でイングランドに完敗。連係面が課題に

2019.3.6 ・ なでしこ

シェアする

2019シービリーブスカップ第3戦、日本はFIFAランキング4位のイングランドと対戦、勝利した方が優勝という一戦だったが、日本は前半立て続けに3点を奪われ苦しい展開に。後半は攻勢に出たものの、ゴールにしっかり鍵をかけたイングランドDF陣を破れず、0-3という悔しい敗戦となった。


今大会は体調不良の選手が続出、ブラジル戦に続きDFの要である熊谷紗希が出場できず、さらに高倉体制では攻守の要として絶大な信頼を得ている中島依美も負傷、ベストメンバーが組めない日本は必然的に若手主体の布陣となった。GKが3戦連続スタメンの山根恵里奈、DFラインは右から清水梨紗、南萌華、大賀理紗子、鮫島彩、守備的MFに松原有沙と杉田妃和、攻撃的MFに阪口萌乃、長谷川唯、FWには池尻茉由、遠藤純という11人、4-4-2のフォーメーションを組んで挑んだが、経験と連係不足が目につく前半となってしまった。


序盤はお互い無理せず、共に探り合う展開で静かなスタートとなった。だが、10分を過ぎるとイングランドがギアを一段上げる。まず左サイドを破られFWテイラーにシュートを打たれると、11分、そのテイラーがこぼれ球をダイレクトでFWスタンフォースへパス。ディフェンスの人数は足りており、ペナルティエリア外であったが、ゴール右隅に精度の高いシュートを決められ、日本が先制を許した。


22分、スローインから日本の左サイドにFWテイラーが抜け出て、ゴールライン際でクロスを上げると、最後はMFカーニーが頭で合わせて2点目を奪われた。


さらに29分、MFウォルシュが日本の左サイドにロングパス、FWミードに独走を許し、そのままシュートを打たれ失点した。イングランドはそれほど多くチャンスを作ったわけではないが、日本守備陣の詰めの甘さもあり、効率よく点差をつけられてしまう。


前半はイングランドの組織的かつセンターを固めた守備に手を焼いたなでしこ、攻撃のビルドアップが中々出来ず、結果的にボールを奪われ失点を重ねるという苦しい展開になった。巻き返しを狙う高倉監督は後半、一気に4枚替えを敢行、遠藤、池尻、阪口、大賀を下げて、FW横山久美、小林里歌子、MF籾木結花、三浦成美を投入。横山と小林でツートップを組み、籾木は右の攻撃的中盤、三浦はボランチに入った。大賀が抜けたCBは松原が一列下がって対応する。


前半で点差をつけたイングランドが引いた影響もあるが、選手交代で活性化した日本はパスが回るようになり、2分左サイドを崩して最後は小林がシュート、4分にも長谷川が、7分はオーバーラップした鮫島もこれに続く。


前線の小林と横山が積極的に動くことでリズムが出だした日本。長谷川、籾木、杉田が前を向いてボールを持てるようになったことで、シュートチャンスを連発する。11分、横山がドリブルで持ち上がりミドル、13分、横山のスルーパスを受けた籾木がシュートを放つも枠を捉えきれない。


23分、長谷川のシュートはブロックされたが、こぼれ球を小林が処理、イングランドDFに弾かれるもボールは走り込んだ横山の前に。ただ、意識し過ぎたのか、左足で放ったシュートはゴール右に逸れてしまった。


34分に右サイドバックを清水から宮川麻都に替え、さらに攻勢を強めるなでしこ、42分に右サイドのCKがペナルティエリア内左で待ち構えていたFW小林につながる。小林は右足を振り抜いたがGKテルフォードに防がれてしまった。


後半、多くのチャンスを作った日本だがイングランドゴールを割ることが出来ず、0-3の完敗に終わった。イングランドはかなり組織的で今大会対戦した3チームの中で最も洗練されており、特に前半は日本のストロングポイントを潰され、ウィークポイントを攻められる完全なイングランドペースで、結果的にはかなり悔しい敗戦となった。


ただ、代表経験の浅い若手に経験を積ませ、課題に向き合うという意味では非常に意義ある試合となった。高倉監督も「色々なものが見えた試合。選手も、少しでも隙を見せるとこういうゲームになってしまうということがわかったと思う。」とコメントした通り、本番3ヶ月前のチームにとっては良い教訓になったようだ。ゲームキャプテンを努めた鮫島、後半出場し攻撃陣を引っ張った長谷川も『攻撃のビルドアップが出来ない、上手くキープ出来ないことで守備が後手に回った』ことを反省点として上げており、今後は連係面を上げていくことが重要になる。杉田妃和、小林里歌子など抜擢された若手が大会を通して質の高いプレイを見せたが、彼女たちを含め、これからの3ヶ月でどう選手を選び、チームとして連係を高めていくのか。王座奪還を目指すなでしこジャパン、4月の強化試合を含め、フランスW杯までの時間に注目だ。


シェアする

最新記事