DF鮫島彩「課題を修正できるのが日本人の長所。本番までにしっかり修正する」

DF鮫島彩「課題を修正できるのが日本人の長所。本番までにしっかり修正する」

2019.3.6 ・ なでしこ

シェアする

2019 SheBelieves Cup第3戦、コンディションの問題でベストメンバーを組めないなでしこは前半、立て続けに3失点を喫しイングランドに屈した。後半は猛攻をしかけたもののゴールを決めるには至らず。W杯でも対戦が決まっている相手に対して悔しい敗戦となった。試合後DF鮫島彩選手、MF籾木結花選手、DF南萌華選手に話を聞いた。


DF鮫島彩選手

「『もう少し何かできたんじゃないか』というくらいあっさり失点してしまった部分が多いですし、この3-0というのが今の結果なので、しっかり受け入れて本番に向かいたいと思います。特に攻撃面でリズムが作れなかったので守備面での距離感も良くなかったり、切り替わった瞬間なかなか行きにくかったりしたので、守備同様に攻撃もかなり課題はあるかと思います。課題をしっかり修正できるのが私達日本の、日本人の長所だと思うので、本番までにしっかり修正してW杯では良い結果を残せるようにやっていきたいです。」


MF籾木結花選手

「今日の試合に関して言うと相手の最終ラインをどう割っていくかが課題だと感じましたし、W杯で世界一を目指す選手にはまだなりきれていないと感じます。一番は選手個人。自分一人で相手の守備陣を打開してゴールを決めることができなければ相手もそれを警戒しないですし、警戒されてこそコンビネーションが活きてくるので、個人技はもっと突き詰めていかなければいけないと感じます。」


DF南萌華選手

「まず試合に出れたことは自分の財産になりますし、そこはしっかり今後に繋げていきたいです。でもその中で課題がすごく多く出た大会だったので、この試合に出た経験を今後に繋げていきたいと思います。今(熊谷)紗希さんがキャプテンでこのチームをまとめていますけど、ずっと目標だった選手ですし、その選手と今一緒にやれているということはもうライバルのような存在ですし、本当にこれから自分がチームを引っ張っていけるような存在になれるように、もっともっとレベルアップしていきたいと思っています。」


シェアする

最新記事