女子W杯メンバー発表前ラストマッチ・なでしこは強豪ドイツに引き分ける

女子W杯メンバー発表前ラストマッチ・なでしこは強豪ドイツに引き分ける

2019.4.10 ・ なでしこ

シェアする

日本時間9日、欧州遠征中のなでしこジャパンはドイツ代表と対戦。強豪相手に善戦したなでしこは相手のミスから2点を奪い、2対2の引き分けに終わった。


6月のワールドカップを控え、欧州で腕試し中のなでしこジャパン。ワールドカップのメンバー発表を控えた最後の試合、スタメンはGK平尾知佳、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、鮫島彩。ボランチに三浦成美と杉田妃和。右に中島依美、左に遠藤純、トップ下に長谷川唯。1トップに菅澤優衣香が入る、4-2-3-1でスタートした。


開始から攻勢に出るのが、FIFAランキング2位のドイツ。サイドを起点とした縦に素早い仕掛けを繰り出し、なでしこゴールに襲いかかる。しかし、なでしこもGK平尾を中心にゴールを死守。奪ったボールを最終ラインからビルドアップし、攻撃に転じようとするが、ドイツの鋭い寄せに苦しみ、決定機を作るには至らない。


ドイツペースで進む中、前半35分になでしこがファーストシュートでゴールネットを揺らす。GKのパスミスを拾った長谷川が無人のゴールへ流し込み、劣勢のなでしこが先制する。


しかしドイツも同点に追いつく。後半8分、右サイドからクロスを入れると、キャプテンのポップが頭で合わせてゴール。なでしこはマークのミスから痛い失点を喫してしまった。


日本は後半10分に遠藤と菅澤に替えて、横山久美、小林里歌子を投入。アタッカーを交代し、勝ち越しゴールを狙いにかかる。後半17分には長谷川のスルーパスを受けた小林が左足でシュートを打つが、GKに防がれてゴールならず。良い形でシュートまで持ち込んだ場面だった。


そして後半24分、またもGKのミスパスを中島が奪うと、横山が右からのグラウンダーのパスをダイレクトで蹴り込み、勝ち越しに成功する。


後半27分、なでしこは清水に替えて宮川麻都を投入。すると直後のプレーで、左からのクロスボールをGK平尾がファンブル。こぼれ球をフートに押し込まれ、2対2の同点に追いつかれてしまう。


後半38分には中島、三浦を下げて、植木理子と猶本光を送り込む。終了間際には、コーナーキックから途中出場の植木がヘディングシュートを放つが、ゴール直前でクリアされ、勝ち越しならず。後半アディショナルタイムにはドイツの猛攻を受けるが、GK平尾を中心に跳ね返し、タイムアップ。2対2の引き分けに持ち込んだ。


試合後、高倉麻子監督は「後半に入って、ミスが続いたところでやられてしまったが、全体的に守備は高い意識でやれた。攻撃もいい形ができたので、ポジティブにとらえたい」と前を向いた。


なでしこのワールドカップ初戦は6月10日。残り2ヶ月でどこまでチーム力を高めていけるか、注目だ。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事

おすすめ動画