W杯初戦のなでしこ、格下アルゼンチンにスコアレスドロー...決勝T進出に暗雲立ち込める

W杯初戦のなでしこ、格下アルゼンチンにスコアレスドロー...決勝T進出に暗雲立ち込める

2019.6.11 ・ なでしこ

シェアする

日本時間11日、FIFA女子ワールドカップ初戦がフランスのパリで行われ、なでしこジャパンはアルゼンチン女子代表と対戦。自陣に引いて守るアルゼンチンを攻めあぐねたなでしこは、ボールを支配しながらも無得点に終わり、勝点1を手にするにとどまった。


なでしこのスタメンはGK山下杏也加、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、鮫島彩。ダブルボランチに杉田妃和と三浦成美。右に中島依美、左に長谷川唯。2トップに菅澤優衣香と横山久美が入る、4-4-2でスタートした。


なでしこは開始からボールを繋いで主導権を握ると、後半9分に中島、10分に菅澤がシュートを打ち、アルゼンチンゴールに迫る。しかし、自陣に人数をかけてブロックを作るアルゼンチンに対し、なでしこは効果的なコンビネーションを発揮することができず、決定機を作るには至らない。


後半5分、横山がペナルティエリアの外からミドルシュートを放つ。GKが弾いたボールを菅澤が押し込むが、ゴールの枠をとらえることはできない。後半11分、この日最初の決定機を迎える。右サイドを突破した清水が中央へクロスを入れ、ニアサイドに走り込んだ杉田がスルー。背後にいた長谷川がフリーで左足を振り抜くが、わずかにゴール左に反れた。


後半12分、横山に替えて岩渕真奈を投入すると、後半30分には19歳のドリブラー、遠藤純を中島に替えて送り込む。さらに後半45分には菅澤を下げて、代表デビューとなる宝田沙織がピッチに入った。交代枠を使い切り、最後までゴールを目指したが、アルゼンチンの堅い守備を破ることはできず。格下と目される相手に対し、スコアレスドローに終わった。


試合後、高倉麻子監督は「ボールを持たされている時間が多かった。もうちょっとテンポよくゴールに入っていければよかった。(シュートを)打ち切ることができなかった。こういう形でボールを動かせる時間が多いとは思っていたが、いいテンポが作れなかった。後半はゴールに向かう姿勢は強まったが、相手もゴール前を固めてくる中で、崩しのアイデア、個人の力が足りなかった」と反省の弁を口にした。


キャプテンの熊谷は「なんとしても勝ちたかった。ドローは残念。(今後)どうしていくかは自分たち次第。初戦は難しい試合になるのはわかっていた中で、勝点3を取りたかった。この結果を受け入れて、チーム一丸となってやりたい」と前を向いた。


なでしこの2戦目、スコットランド戦は14日22時キックオフ。試合はフジテレビ系列、NHK BS 1、J SPORTS 1で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事