アルゼンチン戦終了後コメント MF三浦成美「練習していた崩しの形を出せず、ゴール前でも淡白なプレーになってしまった」

アルゼンチン戦終了後コメント MF三浦成美「練習していた崩しの形を出せず、ゴール前でも淡白なプレーになってしまった」

2019.6.11 ・ なでしこ

シェアする

誰もが勝ち点3を見込んでいた初戦・アルゼンチン戦でスコアレスドローという結果に終わったなでしこジャパン。格下の相手が引いてくることは事前に予想されていたが、ボールは持てども崩せない、という状況のまま90分が過ぎてしまった印象だ。試合直後のミックスゾーンでDF熊谷紗希、MF三浦成美、FW菅澤優衣香に話を聞いた。


DF熊谷紗希選手

「本当にアルゼンチン相手に勝ち点3取りたかったので、そういった意味では悔しい結果になってしまいましたけど、大会は続くので、下を向くことなく次のスコットランド戦で何としても勝ち点3取りにチーム一丸となって、もう一度やりたいなと思います。前半なんか特になかなか人が動かなくて、スペースも作れなくてというところが多かったので、修正をもっともっと早くやっていかないといけなかったと思います。自分たちのシュートも少ないですし、あれだけボールを持ってて振れるところはもっとあったと思うし、そういう意味でボールを運べる選手だったり、作りながら前に進める選手がもっともっとやりながら、チームとして攻撃を合わせていきたいと思います。」


MF三浦成美選手

「チームとしてはビルドアップのところだったり崩しの練習をしていて、そこを出せずにゴール前でも淡白なプレーになってしまったので、もっと自分たちがゴールにいく強い気持ちがないといけないと思いました。前半はCBもフリーだったので、自分たちが後ろに下がりすぎて重くなってしまったし、できた部分もあったんですけどやっぱりチームの力になりきれていなかったと思います。」


FW菅澤優衣香選手

「正直なところ勝てなかったのはすごい悔しいですけど、失点をゼロに出来たところはプラスに捉えて、攻撃の部分はやっぱりもうちょっと修正しないといけない部分があるので、次の試合はしっかりとの勝ち点3を取れるようにしたいと思います。結構攻撃が単調になってしまったので、もう少しワンタッチを取り入れたりだとか、選手の関わりをもう少し増やしていければ崩せると思うのでそこもやっていきたいですし。あとはクロスのところも自分が出ている時はターゲットになると思うので、もう少しボールを呼び込んでっていうのはやっていきたいです。」


FIFA女子ワールドカップ フランス 2019

日本女子代表(なでしこジャパン) vs スコットランド女子代表

6月14日(金)夜10:00〜キックオフ(予定)

フジテレビ系列、NHK BS1、J SPORTS 1で生中継

シェアする

最新記事

おすすめ動画