アルゼンチン戦終了後コメント 高倉麻子監督「攻撃で変化をつけられる選手の怪我っていうのは、ちょっと予想外というか計算外ではある」

アルゼンチン戦終了後コメント 高倉麻子監督「攻撃で変化をつけられる選手の怪我っていうのは、ちょっと予想外というか計算外ではある」

2019.6.11 ・ なでしこ

シェアする

W杯初戦で勝ち星を見込んでいたなでしこジャパン。しかしながら専守防衛に徹したアルゼンチンの牙城は崩せず、チームとしてうまく機能しなかったことが悔やまれる。スコットランド戦まで行うことができる改善策はあるのか、修正すべきポイントはどこなのか。試合終了後の会見で高倉監督が対応した質疑応答の内容をまとめた。


高倉麻子監督

「交代選手も含めて全員で何とか一点を取りにいきましたけども、結果的に私たちにアルゼンチンのDFを壊す力がなかったのかなと思います。攻撃で変化をつけられる選手の怪我っていうのは、ちょっと予想外というか計算外ではありました。そのことは持っていたとしても今日出た選手たちに対しても大きな期待はしていたので、できればゲームの中で何か一つ変化をつけるプレーを彼女たちがしてくれれば良かったと思います。

ただ怪我人に関しては目処は立っているので、そこも含めて少しキャスティングを考えたいと思います。」


「本当に(グループステージの)三つのうちの一つが終わったという中で、次の試合に対してどこを成長させてチームを進めていくか、全員がそういうポジティブな気持ちになって臨むことは大事だと思います。今日のゲームはボールを支配してDFをいかに崩すかということに関して、なかなか最終的な所で崩しきれなかったという課題でしたけど、次の試合はまた全く違うゲームの展開になると予想しているので、チーム全体としての攻守のバランスと、今日出た崩しの部分、点を取りにいくことに関しては修正して、勇気を持って進んでいきたいと思います。」


FIFA女子ワールドカップ フランス 2019

日本女子代表(なでしこジャパン) vs スコットランド女子代表

6月14日(金)夜10:00〜キックオフ(予定)

フジテレビ系列、NHK BS1、J SPORTS 1で生中継

シェアする

最新記事