岩渕先制弾、菅澤決勝PK弾で日本がスコットランドに勝利、決勝Tへ大きく前進

岩渕先制弾、菅澤決勝PK弾で日本がスコットランドに勝利、決勝Tへ大きく前進

2019.6.15 ・ なでしこ

シェアする

14日、FIFA女子ワールドカップの2戦目が行われ、なでしこジャパンはスコットランド女子代表と対戦。今大会初スタメンの岩渕真奈のゴールを皮切りに、菅澤優衣香がPKで追加点をあげると、スコットランドの攻撃を1点に抑え、2対1で勝利した。


勝って決勝トーナメントに前進したいなでしこ。スタメンはGK山下杏也加、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。ダブルボランチに杉田妃和と三浦成美。右に中島依美、左に遠藤純。2トップに菅澤優衣香と岩渕真奈が入る、4-4-2でスタートした。


初戦からスタメンを市瀬、遠藤、岩渕と3人変更したなでしこ。早速、新たな選手が躍動する。前半23分、遠藤が左サイドで粘り、中央の岩渕へパス。岩渕は落ち着いてトラップすると、右足を振り抜き、ゴール中央にシュートを突き刺した。


先制後も、なでしこの勢いは止まらない。前半27分には岩渕と遠藤がゴール正面で立て続けにシュートを打つが、DFが身体を張ってブロック。前半31分には菅澤がゴール前でヘディング、浮き上がったボールを熊谷が頭で押し込むが、スコットランドの選手がゴールライン手前でクリアした。


そして前半37分、清水がゴール前にロングボールを送ると、相手と競り合った菅澤がペナルティエリアで倒されて、PKを獲得。これを自ら落ち着いて決め、リードを2点に広げた。前半アディショナルタイムには、遠藤が左サイドを突破し、杉田が左足で合わせるが、クロスバー直撃。なでしこは遠藤を軸に攻撃を展開し、スコットランドゴールに迫る。


後半に入っても、なでしこが厳しいプレスをかけて、スコットランドの攻撃をシャットアウト。後半13分に中島が右から中央へカットインし、左足でシュートを打つ。ゴールの枠をとらえたが、GKのファインセーブに遭い、得点にはならなかった。


後半21分、左サイドでチャンスメイクした遠藤に替えて、小林里歌子を投入。小林が2トップの一角に入り、岩渕が左サイドに回った。後半33分には、スコットランドがセットプレーからチャンスを作り、シュートを打つが、ゴールポストを直撃する。


後半37分、先制ゴールの岩渕を下げて、長谷川唯がピッチに入る。後半43分には、市瀬のパスミスから1点を失ったものの、リードを最後まで守りきったなでしこが2対1で勝利した。


試合後、先制ゴールをあげた岩渕は「勝つことに集中していた。(得点場面は)全員の気持ちが乗って、いいシュートが飛んで良かった。初戦は引き分けて、うまくいかなくて厳しかったが、それが新たな力をくれた。(3戦目の)イングランドを倒して、次に進みたい」と力強く語った。


初スタメンでゴールを演出した遠藤は「(先制点のアシストは)あそこしかなかった。岩渕さんが決めてくれてよかった。少し緊張していて、自分の良さが出せなかったが、あの一点で自信がついて、楽しくやりきれた」と振り返った。


2試合を終えて勝点4を獲得したなでしこ。決勝トーナメントに向けて、大きく前進した。グループリーグ最終戦の相手は、強豪イングランド。注目の試合は20日(木)午前4時キックオフ。フジテレビ系列、NHK BS 1、J SPORTS 2で生中継される。

写真提供:getty images

シェアする

最新記事