ヤングなでしこ、山本柚月、高橋はなのゴールで朝鮮民主主義人民共和国を下してアジア3連覇、6度目の優勝を飾る

ヤングなでしこ、山本柚月、高橋はなのゴールで朝鮮民主主義人民共和国を下してアジア3連覇、6度目の優勝を飾る

2019.11.10 ・ なでしこ

シェアする

9日、AFC U-19女子選手権の決勝戦がタイで行われ、U-19女子日本代表がU-19朝鮮民主主義人民共和国代表と対戦。日本は後半開始直後に山本柚月のゴールで先制すると、キャプテンの高橋はなが追加点を決め、2対1で勝利。追いすがる朝鮮民主主義人民共和国を振り切り、アジアの頂点に輝いた。


史上初の3連覇をかけて決勝戦に臨んだ“ヤングなでしこ”。スタメンはGK田中桃子、最終ラインは右から船木和夏、後藤若葉、高橋はな、松田紫野。ダブルボランチに菅野奏音、中尾萌々、右に森田美紗希、左に伊藤彩羅。2トップに大澤春花と山本柚月が入る、4-4-2でスタートした。


アジアの女子サッカーを牽引する両国の対戦は、開始から一進一退の攻防が続く。日本は大会を通じて不動のボランチコンビとなった菅野、中尾を中心にパスを回し、両サイドの森田と伊藤、2トップの大澤と山本が絡み、朝鮮民主主義人民共和国の守備を崩しにかかる。


しかし、今大会最高レベルの守備を誇る朝鮮民主主義人民共和国に対してシュートを打つが、度重なるブロックに遭い、ゴールを脅かすには至らない。前半は互いに守備を崩すことはできず、スコアレスで後半に突入した。


後半開始早々、試合が動く。後半1分、中尾がドリブルでペナルティエリアに進入すると、ゴール前にグラウンダーのパスを送る。これを山本が右足で合わせ、ついに朝鮮民主主義人民共和国ゴールをこじ開ける。


後半20分には船木がキム・ユノに突破され、左足で強烈なシュートを打たれるが、わずかにゴール右に外れた。後半26分には、菅野のライナー性のコーナーキックにキャプテンの高橋がドンピシャのタイミングで合わせて追加点。日本が朝鮮民主主義人民共和国を突き放す。


後半36分には、ゴール前の競り合いでキャプテンの高橋がハンドを取られてPKの判定。これをキム・ユノが決めて2対1とし、朝鮮民主主義人民共和国が追い上げを見せる。


後半40分には大澤に替えて、準決勝で2ゴールを決めた廣澤真穂を投入。90分には右サイドの船木を下げて、富岡千宙を送り込み、北朝鮮のサイド攻撃を封じにかかる。


アディショナルタイムは3分。北朝鮮は最後まで足を止めずに攻め続けたが、日本は落ち着いて対応。ゴールを許さず、試合終了の笛が鳴った。


試合後、池田太監督は「選手達が最後まで頑張ってくれた。(来年のU-20W杯に向けて)まだまだ成長できるグループだと思うので、みんなで一緒に世界で戦っていきたい」と語り、キャプテンの高橋は「勝つことができて最高にうれしい。みんなに感謝したい」と涙を流し、周囲に対する感謝の言葉を口にした。


シェアする

最新記事