高倉監督「初戦はアクションが弱過ぎた。自分達から色々やろうと話した」

高倉監督「初戦はアクションが弱過ぎた。自分達から色々やろうと話した」

2020.3.8 ・ なでしこ

シェアする

高倉監督率いるなでしこジャパンは日本時間3月9日早朝、2020 SheBelieves Cup第2戦で強豪イングランドと対戦する。昨年のW杯でも苦杯をなめさせられた相手だ。強さと速さを全面に押し出してくるプレイスタイルを日本はかなり苦手としているが、初戦でスペインに完敗を喫してしまっただけに、しっかりとした内容と結果が求められる。前日練習を終えた高倉監督に話を聞いた。


高倉麻子監督

「スペイン戦では自分達からボールを動かすことに関してもアクションが弱すぎましたし、ゲームの中でも何か気弱になっていた部分については『ちょっと違うんじゃないか』と話をしました。イングランドは一対一の強さはありますし、そこを活かして戦ってくる。サイド攻撃もやっぱり強力ですし、FWもストライカー、決めるべき人間がいる。なので逆にやりやすい。やってくることが分かっているので。」


「自分達はとにかく守備の組織とボールを繋ぐところの変化。みんなで関わりながら、コレクティブに戦う部分では頭の中はマメに動き続けないといけないので。その部分はちょっと今日の練習の中で『目が覚めたかな』という感じがあったのでいい試合ができると思います。『やれてたじゃん』という話です。『やれてたじゃん』というのは、W杯以降のゲームの中でも学んだことから修正をかけて、自分達からアグレッシブにサッカーをするところではみんながハードワークをしながらそれを表現していたのにも関わらず、もちろん体の重さもありましたけどそれは言い訳になりませんし。やはりダメならダメなりの、自分達の気持ちであるとかアクションが全く上がってこなかったので、その話をして今日はやっぱり自分達からいろんなことをやろうと。 グランド上でも多少出てたかなと思うので。でも試合になってみないと分かりませんけど自分達を信じてやるだけです」


なでしこジャパン(日本女子代表) vs イングランド女子代表

3/9(月) AM3:23キックオフ予定(日本時間)

NHK BS1でAM9:00 時差再生放送


シェアする

最新記事