高倉監督「勝負所での集中度、危機感といったものがチーム全体として出せていない」

高倉監督「勝負所での集中度、危機感といったものがチーム全体として出せていない」

2020.3.12 ・ なでしこ

シェアする

高倉麻子監督

「今日の試合もそうですけど、3つともやってはいけないミスから自分達でゲームを壊したっていうのが正直なところ。それが今のチームの集中度の無さや選手自身の今の状態なんだなと感じます。ただ、今日は自分達のやりたい事は攻守において出せましたし、その部分はプラスに捉えています。他にも抜擢した選手がある程度やれることもわかりました。でも勝負どころで『今はやってはいけない』という集中度、危機感であるとかそういったものがチーム全体として出せないことが、結局はゲームが負けになってしまう原因だと思います。」


「結果だけ見れば『難しいんじゃないか』と言われてもしょうがないと思いますけど、私自身もそうですし、選手も誰一人として金メダルに対して諦めていません。なでしこのサッカーは精密機械みたいなものなので、歯車が一個狂った、ネジが一個外れてるっていうだけで全く機能しなくなると言っても過言じゃないと思うので、そういった意味では今回の大会は、全くいろんなものが揃わなかったのは正直あります。ただ、場面場面、その部品部品で見れば選手のやれることと役割は見えましたし、とにかく一つ一つやるべきことを階段上がっていって、必ず最後には自分達が勝つという気持ちでやっていきたいと思います 。」


MS&ADカップ2020

なでしこジャパン(日本女子代表) vs ニュージーランド女子代表

4/11(土) 15:00キックオフ予定

日本テレビ系列で全国生中継


シェアする

最新記事