播戸竜二が選んだセリエA過去30年の歴代ベスト11「サッカーはアートやと、最初に思わせてくれた選手が…」

播戸竜二が選んだセリエA過去30年の歴代ベスト11「サッカーはアートやと、最初に思わせてくれた選手が…」

2020.7.4 ・ 海外サッカー

シェアする

 サッカーダイジェストは、現在「DAZN」で配信中の2010年シーズン第12節、セレッソ大阪対ヴィッセル神戸で解説を務めた播戸竜二氏にインタビューを実施。ストライカーとしてJ7クラブを渡り歩き、海外サッカーにも精通する播戸氏に、セリエA過去30年のベスト11を選んでもらった。現役時代からセリエA中継にゲスト出演するなど、“イタリア通”で知られる元日本代表戦士が、独自の視点で選んだ最強イレブンは――。


―――◆――◆―――


 今回、セリエAの過去30年のベスト11を選ぶにあたって、僕がリアルタイムにプレーを見た選手、というのを基準にしました。僕が見始めたのはカズ(三浦知良)さんがジェノアに行った頃からなんで、1994年ですね。なので、30年というとぎりぎりナポリのディエゴ・マラドーナも入るんですが、それより前なので選んでいません。


 まず監督はファビオ・カペッロです。アリーゴ・サッキ監督が確立したゾーンプレスをさらに進化させ、スター選手たちにも厳しくしながらも、自分の方を向かせ、ミランで結果を残した。そして最大の理由が、ローマを優勝に導いたことですね。近年ではローマに唯一のスクデットをもたらしたのは、すごいですよ。カルロ・アンチェロッティはミランでは優勝しましたけど、ユベントスでは優勝してないですからね。もちろんアントニオ・コンテやマッシミリアーノ・アッレーグリもいますけど、カペッロの実績には及ばない。

  フォーメーションは4-4-2で、中盤はダイヤモンドにしました。キーパーは、もちろんジャンルイジ・ブッフォン。これはセリエAというより、歴代最高のゴールキーパーですよ、イン・ザ・ワールドですね。17歳の時にパルマでデビューを飾って、まだ現役でやってるわけですよね。30年といえば、ブッフォンの歴史みたいなものですから。誰もが選ぶでしょう。逆に、他のキーパーを選ぶ人がいたら、連れてきてほしいですね(笑)。


 右サイドバックはカフー。サンパウロの時にトヨタカップで見たんですが、その後、ローマでスクデット獲得に貢献し、ミランではチャンピオンズ・リーグも獲りました。最近、マリノスと合意してたけど、ミランから話が来たから破談になったというのが話題になりましたよね。残念やけど、ミランであれだけやる選手ですから。リリアン・テュラムも頭に浮かびましたが、カフー以外にはいないでしょう。

  センターバックの一枚はアレッサンドロ・ネスタです。ラツィオではアカデミー上がりの象徴のような選手で(スクデットも獲りましたし)ラツィオではスクデットは獲ってないと思います。、ミランでも鉄壁の守備でタイトル獲得に貢献した。若い子たちには、ぜひ「YouTube」でネスタの守備の仕方を見てほしい。もうエレガント以外の何物でもないですから。長髪でかっこよかったなぁ。


 そのネスタとコンビを組むのが、ファビオ・カンナバーロですね。ナポリでデビューして、パルマでブレイクして、ユーベでも安定していました。インテルの時はイマイチでしたけどね。身長175センチぐらいなのに、センターバックでバロンドールですよ。異論はないでしょう。

  左サイドバックはパオロ・マルディーニ。ミランの魂ですからね。父のチェーザレ、パオロ、そしてフォワードの三代目(ダニエル)もミランにいますからね。マルディーニは「ミスターセリエA」ですよ。文句なしですね。


 ダイヤモンドの中盤の底、アンカーはアンドレア・ピルロです。元々トップ下の選手でしたけど、インテルからレンタルで行ったブレッシャでカルロ・マッツォーネ監督が中盤の底で起用して、カルロ・アンチェロッティのミランですっかりレジスタとしての地位を確立しました。ユーベでも、4連覇してますからね。ここはピルロ以外にはいないでしょう。


 中盤の右はピルロをアンカーに置く前提で考えました。そうなると、やはりジェンナーロ・ガットゥーゾですよね。上手くないけど、気持ちを前面に出して頑張るし、守備でピルロのカバーをする。ここに必要な選手です。いまはナポリで監督としても活躍していますね。


 左は迷いました。この流れで行けばクラレンス・セードルフ、とも思ったんですが、そうなると、あの時のミランのままじゃないかと。なのでジネディーヌ・ジダンをチョイスしました。2001年の1月に初めてイタリアに行った時に、生で観たんですよ。当時のユーベのホームスタジアムだったデッレ・アルピで、フィオレンティーナとの試合を。ボールタッチ、オーラ、風格、やはりすごかった。その印象も強いので、左はジダンです。

  そして、トップ下。実はここが一番最初に決まりました。というより、この選手を置きたいからトップ下のあるフォーメーションにしました。サッカーはアートやなと思わせてくれた初めての選手、ロベルト・バッジョです。海外のサッカーを観るようになって、最初に憧れた選手ですね。きっかけは、やはり94年のワールドカップです。死にかけたイタリアを蘇らせて決勝まで導いたのに、そこでPKを外すなんて……ドラマですよね。


 ブレッシャの時に、古巣のユベントス戦でピルロからのロングパスをインサイドのような、つま先のような、だったかな、右足でピタッと止めて、そのトラップで、(エドウィン・)ファン・デルサルをかわして、ゴールを決めたんです。もうあのプレーを見ただけで、涙が出ますよ。イニシャルも一緒ですからね、リュウジ・バンドとロベルト・バッジョは(笑)。

  2トップの片方はすぐ決まりました。ロナウドです。クリスチアーノではないですよ、ブラジルのロナウドです。“じゃない方”ではないんですよ、こっちが本物です。フェノーメノ(怪物)ですから。インテルに来た時は、もう恐ろしいぐらいの選手でしたね。シザースからの膝の靭帯を故障してしまった時のドリブル、やばいですよ。逆に、自分の身体を傷つけてしまうぐらいのドリブルなんて、僕には絶対にできません。


 最近よく、メッシとクリスチアーノ・ロナウドのどちらが世界最高か、みたいな話を元選手や監督が語ってるじゃないですか。たしかに、この15年以上、継続的に結果を残し続けてきたふたりは素晴らしい。ただ、全盛期に誰が一番すごかったかと訊かれたら、僕はロナウドやと。あれだけのスピードがあって、テクニックがあって、シュートが上手くて……。あんな奴、ほかにおらへん。本当にもう恐るべき選手でしたよ。


 ロナウドのパートナーは、けっこう迷いましたが、ガブリエル・バティストゥータをセレクトしました。フランチェスコ・トッティでもアレッサンドロ・デルピエロでもなく。理由はシンプルです。単純にゴールを決めまくってから。


 当時、フジテレビで放送していた『セリエAダイジェスト』でも、青嶋(達也)アナウンサーが「バティ、バティ」と言いまくってたでしょ。フィオレンティーナを牽引して、ローマにスクデットをもたらして、インテルではもう晩年でしたが、いま膝がボロボロになって歩けなくなってしまうぐらいシュートを打ってるんですよ。あれだけ、強いシュートを打ってたら膝も痛めますよ。

  もちろん、トッティやデル・ピエロもローマとユーベのバンディエーラですから、捨てがたいんですが、元フォワードの立場からすると、彼らは生粋のストライカーではなく、セカンドトップ、1.5列目の選手なんですよね。僕は純粋な2トップが好きなんですよ。


(フィリッポ・)インザーギ? プロとして生きていくために彼のプレーを参考にしてましたけど、別にプレースタイルが好きなわけではないんです。そりゃ、ロナウドやバティストゥータ、トッティやデル・ピエロになれるならなりたいですよ。(アンドリー・)シェフチェンコは選ぼうか迷いましたけどね。


 だだ「上手い」とか「速い」とかだけでなく「強い」選手が好きですね。イタリアの人たちはよく言うんですよ、「この選手は強い」と。その言葉に全てが要約されてるんですよね。フィジカルが強い、上手い、速い、メンタルが強い……。最上の誉め言葉だと思うんですよ。そう考えると、このベスト11は“強い選手”が多いと思いますよ。バッジョやピルロもスマートに見えて、強いですから。


 あと、ひとつのクラブで象徴となった選手ももちろん素晴らしいですが、セリエAの複数のクラブで活躍した点も評価したいですね。バティ、バッジョ、ピルロ、カフー、ネスタ、カンナバーロ、ブッフォンがそうですよね。


 どうですか? 僕のベスト11。誰にも負けない自信がありますよ。


取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

協力●DAZN 



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事