初の海外挑戦、デビュー戦で6失点――日本代表GKシュミット・ダニエルが“ベルギー1年目”を語る!【インタビュー/前編】

初の海外挑戦、デビュー戦で6失点――日本代表GKシュミット・ダニエルが“ベルギー1年目”を語る!【インタビュー/前編】

2020.7.7 ・ 海外サッカー

シェアする

 約1年前、日本代表GKのシュミット・ダニエルに話を聞く機会があった。ベガルタ仙台に在籍からベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)に移籍することが発表された直後のことだった。


 197センチという長身を活かし」、Jリーグで着実に実績を積み重ね、日本代表にまで成長した大型GKは、新たな挑戦を「ただ楽しみ」と語っていた。


その海外挑戦1年目はハプニング続きだった。デビュー戦からリーグ戦20試合連続出場を果たすも、1月初旬に右足を負傷。戦列を離れて復帰を目指している間に、新型コロナウイルスの影響で“打ち切り”という思わぬ形でシーズンを終えることになった。


先日、一時帰国していた日本から再びベルギーに戻った28歳の守護神に、ベルギーでの1年目のシーズンを振り返ってもらった。


―――◆――◆―――――久々のベルギーはいかがですか? やはり新型コロナの影響を感じますか。


 みんな、わりと普通に過ごしていますね。街には思ったよりもマスクをしている人が少なくて、あまり気にしていない感じです。僕は戻ってすぐ、病院でPCR検査を受けました。(※ベルギーでは5月18日よりフェーズ2に以降。スポーツ練習は少人数などを条件に再開が認められた)


――ケガの具合は?


 次のシーズンに向けて調子を整えている状態です。最近になってすごく調子が良くなってきているので、(本調子までは)もうすぐだと思ってます。日本での自粛期間中も、リモートでトレーナーの指導を受けていました。


――ベルギーでの1年目のシーズンは、残念ながら途中で打ち切りとなりました(※5月15日に2019-20シーズンの現行順位での打ち切りを発表。STVVは12位で終了)。


 残り1試合でシーズンが終わるというのは、そこまで違和感はなかったです。本来ならその後にプレーオフがあるはずだった。ケガがあったので、それがなくなった分、スッキリと次のシーズンに向かうことができるかなと、前向きに受け止めています。


――デビューシーズンの自己採点を教えてください。


 70点ですかね。


――その理由は?


 シーズン半分弱は出られなかったけど、しっかり結果を残せた試合はあった。ホームではサポーターに良いアピールもできたと思ってます。


――デビュー戦のクラブ・ブルージュ戦は6失点でした。


 あれはやられすぎですよね(笑)。ただ、チームとして差がありすぎたなと。あそこまでコテンパンにやられたら、切り替えるしかなかった。僕、節目の試合では失点するんですよ。松本山雅でのデビュー戦とか、いろんな試合でそうだった。もちろん、負けることが良いわけではないですけど、むしろ縁起がいいくらいの気持ちですかね(笑)。リーグの中で、クラブ・ブルージュの強さは際立っていたと思います。彼らと対戦できたのは、良い経験になりました。――海外挑戦したことで、メンタル面で変化はありましたか。


 もともと、僕自身はトントン拍子にきたわけじゃないので。大学時代はほとんど試合にも出られなかったし、プロになってからも苦労しましたし。ベガルタ仙台時代も切り替えようという気持ちは持つようにしていましたが、こっちに来てから、より開き直るようになったかもしれません。


――コミュニケーションという点で、ストレスは?


 言語が違うので、苦労するのは当たり前で……。英語で話すのですが、試合中はコーチングとか、できるだけ味方にもきちんと伝わるように、早めに声をかけるようにしています。使えるサッカーの単語は増えましたね。試合前のミーティングで使われている言葉は、日本で使われているものと違う意味だということも結構多くて、最初は苦労しました。


――ゴールキーパーとして要求されることは、日本と違いはありましたか?


 (昨年12月まで指揮を執ったマルク・)ブライス監督からは、ビルドアップについてすごく言われました。だいたい練習中ですね。試合前にはむしろ何も言われない。意識はけっこう変わりましたね。ビルドアップは怖がらずに、サイドだけじゃなくて真ん中も意識しろと。攻撃の一歩としてのパスについてよく言われました。「そんなことを今までやったことがない」と言うと、「お前ならできるからやれ」という感じ(笑)。シュートストップについても、日本にいたころは「全てのシュートを止める」と考えていたんですが、まずは「止められる範囲のシュートをちゃんと処理する」という風に、捉え方が変わりました。

――トレーニングも違う?


 キーパーの練習もそうですけど、フィールドプレーヤーの練習のほうが違うのかなと思います。基礎的な練習を重点的にやっているのが印象的ですね。ベルギーに行ったばかりの時はチームも2部練だったので、ハードでした(笑)。肉体的にも鍛えられました。


――ヨーロッパの雰囲気、STVVサポーターの印象はどうですか。


 サッカーの見方が違うと思います。日本のファンはスタジアムに選手を見に来ているような印象で、ベルギーの人たちはサッカーそのものを見に来て、楽しんでいる感じ。街中でも普通に声をかけられます。あいさつ程度で、特に何かするわけじゃないですけど、とてもフランクなコミュニケーションを取っています。


後編に続く

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事