「どちらも1位はメッシ、2位はクボ」久保建英が残した2つの“驚愕スタッツ”とは?

「どちらも1位はメッシ、2位はクボ」久保建英が残した2つの“驚愕スタッツ”とは?

2020.7.8 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間7月3日に開催されたラ・リーガ第34節で、マジョルカの久保建英は強豪アトレティコ・マドリーとのアウェーゲームに先発フル出場。過密スケジュールが続いているにもかかわらず、これでコロナ中断を挟んで10試合連続のスタメンとなった。


 チームは0-3で完敗を喫したものの、日本代表MFは随所に持ち味を発揮。現地メディアから高い評価を受けた。


 公式スタッツなどを集計している『Opta』の日本語版ツイッターは7月7日、リーガの直近10試合における、ドリブル数とその成功率を示したランキングを紹介。やはりというべきか、1位はどちらもバルセロナのリオネル・メッシ(ドリブル数102回/成功率54.9%)だった。

  そして、ともに2位だったのが、他でもない久保だ。ドリブル数は64回とメッシと大きな開きがあるものの、成功率は48.4%(31回)と、世界的名手と比較しても遜色ない数字を残している。


 セビージャを牽引する絶好調のルーカス・オカンポスや、久保と同じくレアル・マドリーが保有するヴィニシウス・ジュニオールらのスタッツと比べてみると、この日本の至宝の凄さがわかるだろう。


 ドリブルの数だけでなく、成功数でも際立っている久保。とりわけこの10試合は、19歳とは思えないパフォーマンスを披露し続けている。残り4試合で、1部残留に向けて崖っぷちのチームを救うことができるか。


『Opta』が紹介したドリブルランキング 

1位:リオネル・メッシ(ドリブル数102回/成功率54.9%)

2位:久保建英(ドリブル数64回/成功率48.4%)

3位:ルーカス・オカンポス(ドリブル数47回/成功率34.0%)

4位:ヴィニシウス・ジュニオール(ドリブル数44回/成功率36.4%)

4位:ファビアン・オレジャーナ(ドリブル数44回/成功率38.6%)

※数字はラ・リーガの直近10試合。順位はドリブル数


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事