「タケには驚きしかない」「お辞儀に感動」躍動した久保建英が投稿した“ドヤ顔決めポーズ”写真が反響!元日本代表戦士も祝福

「タケには驚きしかない」「お辞儀に感動」躍動した久保建英が投稿した“ドヤ顔決めポーズ”写真が反響!元日本代表戦士も祝福

2020.7.10 ・ 海外サッカー

シェアする

 マジョルカの久保建英は、現地時間7月9日に開催されたラ・リーガ第35節のレバンテ戦に11試合連続の先発出場。1-0とリードして迎えた84分に、見せ場を作り出す。


 自らのドリブルで始まった攻撃から、味方のシュートをGKが弾いたところを詰めて、貴重な追加点を奪取。このゴールが、8試合ぶりの今シーズン4点目となった。


 再開後初得点が勝負を決定づける一撃となり、喜びもひとしおだったようだ。ゴールを決めた後、久保はベンチのほうに走っていき、ビセンテ・モレーノ監督らの前でお辞儀ポーズを披露している。

  その若き日本代表MFは試合後、自身のインスタグラムを更新。「信じることはパワーになる」というスペイン語のメッセージとともに、4枚の写真を投稿した。


 アップしたのは、2枚がくだんのお辞儀ポーズのシーン、1枚がレバンテの2人のマーカーに対峙してボールをキープする様子、そして、試合後にドヤ顔でポーズを決めているショットの4点だ。


 この投稿に、元日本代表FWの播戸竜二氏が「おめでとう」と祝福すれば、FC東京時代のチームメイトだったGK波多野豪が「点決めたら監督ところ行くのすきだなぁ~」とコメント。さらにファンからも、次のようなメッセージが続々と寄せられている。


「良いゴールだった」

「タケには驚きしかない」

「マドリーで光輝いてほしい」

「コーチ陣へのお辞儀、ただひたすら感動しました!」

「タケは本当に偉大だ」

「お辞儀すてきでした」

「君は魔術師だ」

「お辞儀の姿勢が綺麗」


 圧巻のパフォーマンスとゴールセレブレーションでファンを虜にした久保。残り3試合でチームを奇跡の残留に導き、マジョルカの英雄となれるか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事