夏の「総理大臣杯」と冬の「インカレ」が融合!コロナ禍で大学サッカーは1月に今年度限定の全国大会実施

夏の「総理大臣杯」と冬の「インカレ」が融合!コロナ禍で大学サッカーは1月に今年度限定の全国大会実施

2020.7.13 ・ 海外サッカー

シェアする

 一般財団法人大学サッカー連盟は7月13日、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、2021年1月に、今年度のみの特例となる全国大会の開催を発表した。


 例年であれば大学サッカーは、夏の「総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」と冬の「全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)」の2つの全国大会を実施する。しかし今年度は新型コロナウイルスの影響で、2020年度の「第44回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」中止が5月の段階で決定していた。


 そんな状況も考慮し、今年度限定で行なわれる大会は、「総理大臣杯」と「インカレ」の両大会の出場資格を合わせた特例大会となり、また今年度に実施される唯一の全国大会となる見込みだ。


 出場資格は、まず例年、年末に行なわれる「インカレ」と同様、当該地域のリーグ戦の上位校に与えられる。さらに当該地域のすべての加盟大学が参加できる大会・レギュレーションによって決められた代表チームも出場が可能となる。

  これまでは総勢24チームで争われていた「総理大臣杯」と「インカレ」だったが、特別大会では出場チーム数が拡大され、北海道、東北、北信越、関東、東海、関西、中国、四国、九州の全国9地域から選出された32チームが参加し、ノックアウト方式で大学の日本一を目指す。


 なお、開催要項ならびに詳細な試合日程、会場、対戦カードなどは、後日改めて発表されるという。


 各地域の出場枠は以下の通り。


●北海道:2チーム

●東北:2チーム

●北信越:2チーム

●関東:9チーム

●東海:4チーム

●関西:5チーム

●中国:2チーム

●四国:2チーム

●九州:4チーム


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事