「誰も説得できなかった」「ボカが恋しくて…」デ・ロッシがわずか半年でアルゼンチンを去った真の理由【現地発】

「誰も説得できなかった」「ボカが恋しくて…」デ・ロッシがわずか半年でアルゼンチンを去った真の理由【現地発】

2020.7.14 ・ 海外サッカー

シェアする

 愛妻のサラと子どもたち、そして「レレ」は、観光客になった気分で、用心しながらも、目を覚ましたばかりのローマで散歩に出かける。彼らが選んだのはシスティーナ礼拝堂とバチカン美術館。「レレ」ことダニエレ・デ・ロッシが学校の社会見学以来行ったことのない場所だ。


 そこに着くなり、「私がどこに住んでいるか知ってる?」と聞いたデ・ロッシは、「地球上で最も有名なアルゼンチン人(ローマ法王フランシスコ)がいる場所から100メートルのところに住んでいる。サン・ピエトロ広場のすぐ近くさ。私がここに住んでいるとわかるとみんなが驚いて、最初のうちはちょっと複雑だったけど、今ではすっかり町に溶け込んだよ」と言った。彼はフランシスコ法王が実際に噂されるほどのサッカー好きなのかどうか興味津々だという。


 世界の果て、アルゼンチンでの約半年の儚い旅を経て、イタリアの“グラディエーター”デ・ロッシは、再び古代ローマの競技場に戻ってきた。それは厳しい道程だった。


 2020年に入ってからわずか6日後で、ラ・リベーラ(ボカ地区)へ別れを告げて以来、初めて応じるアルゼンチン・メディアによるインタビューの中で、デ・ロッシの口からボカに関する話が溢れ出た。「早朝に目が覚めると、オスバルドに『パステル・デ・パパ(ひき肉の上にマッシュポテトをのせてオーブンで焼くアルゼンチンの家庭料理)を2~3キロ送ってくれ』とメッセージを送るんだ。アサード(アルゼンチン式バーベキュー)もあれ以来食べていないし」


 オスバルドとはボカの料理人のことだ。だが、彼の心に刻まれた軌跡は満腹になった思い出だけではなく、もっと奥深い。


「妻と一緒に『ペーパーハウス』(スペインの人気ドラマ)を見ていて、パレルモ(ドラマに登場するアルゼンチン人のキャラクター)が、アルゼンチン訛りの言葉で話した時に、2人とも思わず泣きそうになったよ。ボカのトレーニングから帰宅する時、フィゲロア・アルコルタ大通りを折り返した瞬間、家に帰って来たと感じたものさ。


 私はいるべき場所にいたが、タイミングが悪かった。でもいつもボカのことやブエノスアイレスのこと、全てが恋しくなるんだ。今、アルゼンチンがとても厳しい状況にあると聞いて残念に思う。いつか再び訪れることになった時、自分が去った時のような国ではなくなっているのではないかと心配でね。私が過ごしたアルゼンチンは、まるで故郷のように感じたよ」

  昨年のクリスマス前に行なわれたヒガンテ・デ・アロジートでのロサリオ・セントラルとの一戦は、「740」を数えたデ・ロッシのキャリアラストマッチとなった。シーズン終了まで7試合という中で、彼以外の誰もが驚いた終わり方だった。


 最終的にボカは、通算34度目の国内リーグ制覇を成し遂げたが、元イタリア代表MFにとって「優勝した」といえるものなのだろうか。


「もし、ボカのファンが味わった歓喜に私も関わったと思われているなら嬉しいが、私はほとんど何もしていない。それは自分でも実感している。他人の手柄を自分のものにするようなことはしない。タイトルはチームメイトがピッチの上で勝ち取ったものであり、私も嬉しかった。自分がグループの一員であることを感じていたし、その気持ちは今も変わっていないが、私は何もしていないんだ。


 常に中核となり、リーダーとして、重要な選手として何試合も戦った者は、他のチームメイトが必死になって勝ち取ったタイトルで胸を張るようなことはしない。公平ではないし、彼らに対して失礼になる。私がボカでプレーした時は全力を尽くしたし、自分の役割を果たし、重要な勝点を獲得した。あのチームの一員だったと感じるし、今後2~3年はその感触が続くだろう。だが、実際に(タイトル獲得において)私の功績はほとんどないんだよ」

 ――ボカ対ヒムナシア戦(リーグ最終節。ボカがリーグ優勝を決めた試合)は観た?


「私がボカにいた時、試合が観られるように父が視聴料を払っていたから観ることはできたんだけど、寝ちゃったんだよ。イタリア時間で夜中の3時とか4時の遅い時間帯だったからね。正直なところ、リーベルがトゥクマンで楽勝(して優勝)すると思っていた。翌朝起きて、ニュースをチェックして結果を見たら、ボカがチャンピオンになっていたのさ」


――それでどうした? 誰かに電話したか、それとも誰かから電話があった?


「彼らとはいつも話しているよ。チームメイトの大半とよく話をする。(優勝後も)動画や音声メッセージを送って、冗談を言ってやった。賞品や賞金を請求して、全ては私のおかげだ、タイトル獲得のために彼らは何もしていないとね(笑)。でも、あの時は祝う気がしなかった。イタリアでは(新型コロナウイルスで)毎日何百人もの死者が出ていたから、亡き人への敬意を払う必要があったんだ。


 でも、とにかく彼らとは頻繁に連絡を取り合っている。信じられないくらい快く自分を受け入れてくれた彼らのことは心から慕っているよ。そしてどのチームでもあるように、自分が選んだ5、6人の仲間が心の中に残るものなんだ。他の仲間たちも大好きだが、この5、6人のためならば、何を頼まれようと大西洋を越えて助けに行くよ」――それは誰のこと?


「みんなが大好きだけど、ルームメイトだったフランコ・ソルダーノとは2~3日おきに話をしている。あと、選手としても人間的にも素晴らしいパオロ・ゴルツ。「カリ」・イスキエルドスも、だ。他にも名前を挙げるのを忘れてしまいそうだけど、ジュニオル・アロンソと話すこともあるし、ワンチョ(ラモン・アビラ)、エマ(エマヌエル)・マス、ブファ(フリオ・ブファリーニ)、カンプ(ジョルマン・カンプサーノ)もね。


 つい最近もイバン・マルコーネの誕生日だったからメッセージを送ったし。でもフランコ、カリ、パオロ・ゴルツは私の心の中にいる。彼らは私を助けてくれた。すぐ仲良くなって、1週間後にはもうずっと前からお互いを知っているように感じたものさ」


――後悔したことはある? ボカから去ったのは早まった決断だった?


「後悔は全くないが、ボカが恋しくて目が覚めてしまうことはよくある。私も、妻のサラも。子どもたちだけは違って、ここ(イタリア)の方がもっと幸せでいられる。息子のノアはボカの歌を歌ったり、今でも『グエノス・アイレス』――彼はブエノスアイレスのことをそう言うんだ――の話をするけど、ここには彼らの祖父母、友達、従兄弟がいるからね。でも、(アルゼンチン滞在は)素晴らしい体験だった。


 やりたかったことをやるにはとても短かったけど、とても鮮烈で、強烈な経験だった。私はそれまで住む場所を変えたこと、まして他の国に住んだことなんかなかったのに、最初からいきなり、誰も自分のことを知らない、世界の反対側に行ったんだ。


 イタリアでは大勢の人に『どこに行くって?アルゼンチンは犯罪者だらけで、夜タクシーに乗るだけで殺される、危険だ』と言われたよ。それでも私はアルゼンチンに行く選択をして快適に暮らし、満足だった。長女がいなくて寂しかったけどね。彼女は私を必要としていたんだ」

 ――君がボカを去ってから6か月経った今だから聞くけれど、(退団の)理由はそれだけ?他の理由はなかった?


「本当に残念なことに、アルゼンチンで私のことがよく知られていないのは明らかだ。私は嘘はつかない。そんなことをする理由はないからだ。自分の国ではない国で嘘をついて失敗でもしたらどうなるか想像してみるといい。


 何らかの言い訳をごまかすために娘を理由に使うなんてことは自分でも絶対に許せない。ボカ退団については、昨年の11月に確信して決めていた。娘は私がいなくてとても淋しがっていた。どうしてもローマに戻らなければならなかったんだ」


――リケルメ(昨年12月からボカの副会長)は君が留まるように説得しようとした?


「そう、彼と(ホルへ)ベルムデス、(ラウル)カシーニ(共にボカのサッカー部門顧問)も私を説得しようとした。みんなとても思いやりがあり、私も敬意を表して彼らの話を聞いたよ。でも(クリスマス休暇後アルゼンチンに)戻って来た初日、血液検査とメディカルチェックをする前から意思ははっきりしていたんだ。


 私は彼らに「イタリアに帰らないといけない」と伝えたが、彼らは言ったんだ。『我々は君を、そして君のプレーのレベルを信じている。フィジカル的に完璧ではなかったことで実力を発揮できなかっただけで、コンディションさえ整えればリーグ後半でいいプレーができるだろう』とね。


 それについては私も同じ考えだったが、全く別の理由からもう決断を下していた。誰も私を説得することはできなかったよ。リケルメのような天才でも、私の父も祖父も、誰も、ね。十分考えた上での決心だったんだ」――君がアルゼンチンに来たのはバカンスが目的だったと言う人がいる


「そうだね。でも画面の向こう側にいる人間が何を言おうがどうでもいい。私が『ボカが好き』と言えばベンデウーモ(ほら吹き)と言われ、その理由を説明すればまたベンデウーモと言われる。アルゼンチンではよくあることで、ここイタリアでも似たようなことはある。ただアルゼンチンではそのベンデウーモという言葉をあらゆる人に対して使うんだ。


 サッカー選手にも、政治家にも、監督にもマネージャーにも、その辺にいる愚か者にもね。何を言われようと私は構わないが、ほんの少しだけ気に障るのは、サッカー選手とか、テレビに出ている元サッカー選手がそのようなことを言う時だ。彼らはテレビで喋る必要があるからなんだと気づいたけどね。


 私にはそんなことは絶対にできない。今も、今から50年経っても、テレビに出て同僚の悪口は言わないよ。自分なりの判断を下すことはできても、誰かのことをバカンス目的で来たなんて絶対に言わない。同じ職業で働く人に対して敬意を欠いているからだ。しかも私のことを知らないのに話すなんてね」


(訳者注:実際クラウディオ・カニーヒアがテレビで「デ・ロッシはバカンスを過ごすためにボカに来た」と発言している)

 ――アルゼンチンに戻る予定は?


「観光のために、そしてお世話になった人たちに感謝するためにも戻らないといけない。それに何が何でもボカの監督として復帰するという考えもある。ずいぶん先のことになるかもしれないが、それが私の考えだ。順調に行っていたら、ボカの下部組織で指導者としてのキャリアを始めることをニコ(ブルディッソ)と決めてあったんだ。家庭内の小さな問題が始まる前のことさ。


 契約解除のサインをした日、私はボンボネーラのオフィスにいたのだけど、ふと見上げたらディスプレイケースの中にコパ・リベルタドーレスがあった。そして、『サッカー選手として未練となるものは何もない。何もやり残したことはない。


 だからこそ指導者として戻って来たい。このクラブは私の心の中にあるのだから』と自分に言い聞かせたんだ。今後次第だが、私の願いはボカの監督になること。パオロ・ゴルツにはアシスタントコーチになってほしいと伝えてあるから、彼には美味しいマテ茶を淹れてもらうことになるね」


取材・文●クリスティアン・グロッソ coordination by Cristian Grosso / La Nacion

訳●チヅル・デ・ガルシア translation by Chizuru de GARCIA


※『サッカーダイジェストWeb』は、『La Nacion』紙の許諾を得たうえで当インタビューを翻訳配信しています。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事