「慣れるには時間がかかるだろうが…」ドイツ入りした遠藤渓太について、ウニオン・ベルリン指揮官が言及!

「慣れるには時間がかかるだろうが…」ドイツ入りした遠藤渓太について、ウニオン・ベルリン指揮官が言及!

2020.8.2 ・ 海外サッカー

シェアする

 横浜F・マリノスからブンデスリーガのウニオン・ベルリンに期限付き移籍が発表された遠藤渓太が、現地時間7月31日に現地に入った。クラブの公式ツイッターが報告している。


「おはよう、ウニオンサポーターの皆さん」という一文とともに、ベルリンの国際空港に到着した遠藤の様子を動画でアップ。照れ臭そうにカメラに手を振り、ドイツ語で「僕の名前はケイタ・エンドウです」と語るシーンも収められている。


 その後、クラブハウスに移動したようだ。2時間後には再び公式ツイッターに遠藤が登場。今度はウニオンの赤いシャツを着用し、練習グラウンドに到着した姿が投稿されている。この日は参加しなかったものの、トレーニングの様子を見学したとみられる。

 2017年にプレーした内田篤人(現・鹿島)以来となる日本人選手の加入に、サポーターからは、「日本人さんいらっしゃい!」、「頑張って!」、「ようこそベルリンへ」といったコメントが。なかには日本語のメッセージもあった。


 現地紙『Berliner Zeitung』によれば、クラブのスポーツディレクターを務めるオリバー・リューナート氏は「我々はケイタ・エンドウを長く観察してきた。良い素質を持ち、スピードとテクニックでチームを助けるだろう、興味深い選手だ」とコメントし、期待を寄せた。


 また、ウルス・フィッシャー監督は「彼にとって(ドイツ)は全く新しい文化だ。慣れるのに時間がかかるだろうが、我々は協力を惜しまないし、まずは彼をトレーニングや試合で見て考えたい。もしかしたら、右サイドでのプレーも選択肢に入るかもしれない」と語ったという。


 来年に予定されている東京五輪の候補でもある遠藤。初の海外挑戦で、どんな足跡を残せるだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事