「重大な決断は今日か…」超逸材ハベルツのチェルシー移籍が秒読みに!? レバークーゼン指揮官が合意を匂わす

「重大な決断は今日か…」超逸材ハベルツのチェルシー移籍が秒読みに!? レバークーゼン指揮官が合意を匂わす

2020.8.2 ・ 海外サッカー

シェアする

 来る新シーズンに向け、すでにハキム・ジィエフ(←アヤックス)、ティモ・ヴェルナー(←RBライプツィヒ)という人気銘柄を獲得したチェルシーは、さらにドイツの超逸材カイ・ハベルツまでも口説き落としそうだ。


 現地時間8月1日、ドイツ通信社『Deutschen Presse Agentur』によれば、ハベルツが所属するレバークーゼンの指揮官ペテル・ボシュは、「おそらく、重大な決断は今日、もしくは来週に訪れるかもしれない」とし、ハベルツ本人は合意に至ったとされるチェルシーへの移籍が迫っていることを匂わせた。


 今シーズンのハベルツのパフォーマンスは、まさにセンセーショナルだった。公式戦43試合に出場して17ゴール・9アシストという圧巻の結果を記録し、ブンデスリーガ屈指の攻撃的MFであることを証明してみせた。


 そんな21歳の超逸材に各国のメガクラブが獲得に乗り出したが、レアル・マドリー、バイエルン、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンはレバークーゼンの要求額9000万ユーロ(約112億5000万円)の支払いに二の足を踏んでいる。そんななか、補強禁止処分を食らっていた昨夏に続き、そのペナルティーが解けた今冬も新戦力の獲得を見送り、潤沢な予算を持つチェルシーが8000万ユーロ(約100億円)+ボーナスのオファーを出し、一気に争奪戦のポールポジションに立ったとされる。

  チェルシーは、クラブのレジェンドで、現在はテクニカル・アドバイザーを務めているペテル・チェフが交渉に当たり、ハベルツ本人と5年契約で合意したと伝えられるなか、ボシュは『Deutschen Presse Agentur』にこうも語っている。


「私はよくカイと話をしている。それは本人のことを思ってだ。彼は日常的な移籍の噂など、様々なことに上手く対処している。私はカイが望んでいることを理解しているが、もちろん私が言うことではない。すべては彼次第だ」


 ボシュの発言からレバークーゼン側がオファーをのんだ可能性は小さくない。21歳の若武者が、ブルーのユニホームを纏う日が刻々と近づいているのは間違いなさそうだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事