「宇宙のような高さから…」元マンUの名手ヴィディッチが苦手だった“2大ライバル”を告白! いったい誰?

「宇宙のような高さから…」元マンUの名手ヴィディッチが苦手だった“2大ライバル”を告白! いったい誰?

2020.8.3 ・ 海外サッカー

シェアする

 2000年代後半のプレミアリーグを代表するCB、ネマニャ・ヴィディッチが、現役生活で対戦した“難敵”を明かした。


 2006年の夏にスパルタク・モスクワから入団したセルビア代表DFは、自慢の巨躯を利したパワフルな守備で多士済々のFWたちを封殺。CBコンビを組んだイングランド代表のリオ・ファーディナンドと共にアレックス・ファーガソン政権の黄金期を支えた。


 その後、インテルでもプレーした名手は、英メディア『Athletic』のインタビューで、自身が最も対戦しにくかった選手をチョイス。興味深い理由とともに紹介している。


 最初に「あれは初めて味わった恐怖だった」として名を挙げたのは、元イングランド代表FWのピーター・クラウチだ。2メートルを超える長身を武器に得点を量産したストライカーに関して次のように評している。


「僕はそれまで2メートルを超える選手と対戦したことがなかった。アンフィールドで初めて対戦した時に、『うわ。こんな男を相手に何が出来るっていうんだ』と素直に思ったね。競り合った時には、彼がまるで宇宙にいるかのような高さを感じた。本当にあんなの見たことがなかった。対処する方法が分からず、ウェズ・ブラウンと一緒にマークした。かなり長いゲームのように感じたし、実際に試合は0-1で負けたよ」

  そしてヴィディッチ次に選んだのが、ルイス・スアレス(現バルセロナ)だった。当時、ユナイテッドの“宿敵”リバプールに所属し、多彩な得点パターンで相手DFの脅威になり続けたウルグアイ代表FWについては、こう絶賛している。


「本当に元気な選手だった。90分間を通して走らないアグエロとかとは違い、本能のままに動き続けていた。それでいて全てのことをいとも簡単にやってのけるんだよ。気付いた時には、ボールは僕らディフェンダーの足下を抜けている。それはまぐれのようにも見えるんだけど、彼のとんでもない馬力がなせる業なのさ」


 数々の名ストライカーと対峙してきた百戦錬磨のヴィディッチにとっても、クラウチの高さとスアレスのアグレッシブなプレーは“別格”だったようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事