「エメリ監督が粘り強く説得」久保建英の移籍先はビジャレアルが最有力!マドリー贔屓紙が最新動向を伝える

「エメリ監督が粘り強く説得」久保建英の移籍先はビジャレアルが最有力!マドリー贔屓紙が最新動向を伝える

2020.8.4 ・ 海外サッカー

シェアする

 マジョルカでの武者修行を終え、いったん保有元のレアル・マドリーで戻るかたちとなっている久保建英の再レンタル先は、今週にも決まると見られている。


 様々な移籍先が挙がるなか、マドリー贔屓で知られる『AS』紙は8月3日、国内外の12あまりの候補が除外され、「ビジャレアル、セルタ、グラナダ、オサスナの4チームに絞られた」と伝えた。


 久保はこの4チームについて、どれも良い印象を抱いているが、最上位にいるのはビジャレアルだという。「最優先事項は年間40試合をプレーでき、自分が中心となるプロジェクトのチームに行くことだ」と記事は綴り、こう続けている。


「彼は、候補となるクラブの監督が、久保側をどのように説得しようとしているのかに注目している。(ビジャレアルの新監督に決まった)ウナイ・エメリは非常に粘り強く、これが決定的な要素になる可能性がある」

  また、オスカル・ガルシア監督の存在が、セルタも魅力的なチームにしているとも加えている。


 そして、マドリーが最も気に入っているのは、ともにヨーロッパリーグに出場するビジャレアルとグラナダのようだ。久保が欧州カップ戦でのプレーは二の次と考えていても、クラブはこの点を重視しているという。


 久保もマドリーも最優先に挙げているのであれば、あとは条件を詰めるのみ。ビジャレアルとの契約が一気に進む可能性もある。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事