主砲ルカクがEL9戦連発の新記録!インテルが難敵レバークーゼンを下してベスト4へ

主砲ルカクがEL9戦連発の新記録!インテルが難敵レバークーゼンを下してベスト4へ

2020.8.11 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間8月10日、ドイツの4都市で集中開催となるヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝2試合が開催され、デュッセルドルフ・アレーナでは、インテルとレバークーゼンが激突した。


 試合は序盤から点の取り合いとなる。開始15分、エリア内でボールを収めたインテルの主砲ルカクが振り向き様にシュート。これはDFにブロックされるも、そのこぼれ球をバレッラが右足のアウトサイドキックで捉え、鮮やかにネットを揺らす。


 幸先よくリードを奪ったイタリアの雄はさらに21分、先制点と同じような形でボールを受けたルカクがDFと競り合いながら強引に左足でシュートを放ち、追加点を奪取。ベルギー代表FWは、これでエバートン時代も含めて自身が出場したELで9試合連続ゴールとなり、大会新記録を樹立した。


 しかし、その3分後にフォラントとのワンツーからフリーとなった注目のハベルツに決められ、1点を返される。


 2-1で折り返した後半の立ち上がりは、両軍が激しく攻め合う展開となるが、最後の局面での精度を欠き、ゴールを奪えない。徐々にゲームは停滞し、追い付きたいレバークーゼンも決定機を作り出せなかった。


 結局、前半のリードを守り切り、2-1で勝利したインテル。現地時間16日に開催される準決勝で、バーゼル対シャフタールの勝者と激突する。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事