マドリーの構造的欠陥を見抜いたグアルディオラの「奇襲的采配」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

マドリーの構造的欠陥を見抜いたグアルディオラの「奇襲的采配」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

2020.8.11 ・ 海外サッカー

シェアする

 チャンピオンズ・リーグ、ベスト8入りを懸けたセカンドレグ。マンチェスター・シティは、本拠地でレアル・マドリーを2-1で下し、見事に勝ち上がっている。敵地でのファーストレグも、1-2と白星を飾っていただけに優位ではあったのが……。


 シティの指揮官であるジョゼップ・グアルディオラの采配の秀逸さが目立った一戦と言えるだろう。


 グアルディオラは、若いフィル・フォデンをゼロトップ気味に最前線に配置し、右にラヒーム・スターリング、左にガブリエウ・ジェズスを置いた。本来、スターリングは左、ジェズスはトップ、フォデンはトップ下のような選手だが、定石を打っていない。言わば、奇襲的な用兵だ。


 マドリーは逆転するため、敵地でも攻めに出ざるを得なかった。ビルドアップし、主導権を握ろうとした。慣れない戦い方で、隙を狙われることになった。


 走力のあるフォデンが、背後にいるマドリーのMFカゼミーロへのコースを切りながらプレッシングでスイッチを入れる。続いてスターリング、G・ジェズスが蓋をした。これで、ビルドアップを分断することに成功。そして8分、ラファエル・ヴァランヌがもたついてボールを奪ったところ、エリア内でスターリングが押し込んだ。

  グアルディオラは、マドリーの構造を見抜いていた。


 マドリーは、各選手が世界的な名手でレベルが高い。しかし、守備面でリーダーシップをとっているのは、セルヒオ・ラモスである。そのキャプテンが不在の穴は大きかった。


 この日、S・ラモス個人の穴を埋めたのは、ブラジル代表エデル・ミリトンだった。実は、ミリトン自身は悪いプレーはしていない。際立ったスピードを生かしたディフェンスなどは、むしろS・ラモスの大味なディフェンスを凌駕していた。


 しかし、サッカーはチームスポーツである。ラモス不在によって、周りの選手たちがいつものプレーができなかった。例えば、つなげることを指示されていたとしても、S・ラモスなら危険度を察知し、個人の判断で単純にクリアしていただろう。たとえ不格好でも、まずは危険を回避し、腹を括って守りを固めながら、カウンターの機会をうかがうべきだったが……。

  マドリーは、臆したようなポゼッションで、逆に弱みを突かれてしまった。その点、ヴァランヌはシーズンワーストのプレーだったと言える。1点目だけでない。2点目も単純に裏に蹴られたボールの処理を誤り、バックパスを奪われているのだ。


 そしてグアルディオラが狙い撃ちにしたのは、ソリッドなマドリーの象徴とも言えるカゼミーロだった。


 カゼミーロは、バックラインの前の守備のフィルターとして、ジネディーヌ・ジダン監督から全幅の信頼を受ける。彼が中央部を分厚く守ることで、堅守カウンターが成立。リーガ優勝の殊勲者の一人だ。


 しかし主導権を握ろうとするチームで、カゼミーロは凡庸なMFである。味方がプレッシングを受ける中、なす術がなかった。フォデンにコースを断たれると、ピッチから消えた。結果、トニ・クロース、もしくはルカ・モドリッチがバックラインまで下がったが、攻め手は減った。カゼミーロは無力化され、あまつさえ、相手の決定機につながるパスミスまでした。


袋小路に追い込んだのは、グアルディオラの知略である。


文●小宮良之


【著者プロフィール】

こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月には『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たした。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事