クラスター発生の立正大淞南高がネット上の写真無断使用に警告「生徒への誹謗中傷を防ぐために早急な削除を」

クラスター発生の立正大淞南高がネット上の写真無断使用に警告「生徒への誹謗中傷を防ぐために早急な削除を」

2020.8.12 ・ 海外サッカー

シェアする

 島根県の強豪・立正大淞南高のサッカー部で新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生した問題で、同校が8月12日に公式サイトを更新。現状について報告するとともに、ネット上に生徒の写真が無断で掲載されていることに対し、注意を呼び掛けた。


 立正大淞南は、全国高校サッカー選手権にこれまで18回出場し、多くのJリーガーも輩出してきた名門。サッカー部内でクラスターが発生したことについて同校は、公式サイトにて、「この度新型コロナウイルス感染症の大きな集団感染となり、多大なご心配ご迷惑をお掛けする事態となり深くお詫び申し上げます」と謝罪文を掲載。現状の陽性者数と内訳等の詳細を掲載している。

  報告によると、現時点で校内に95人の陽性反応者が確認されており、そのうち入院者が35名、無症状者56名、自宅待機3名、調整中1名となっている。


 また以前に学校側が掲載した写真が、SNS等のネット上で無断使用されていることに対し、「無関係の本校生徒の写真がSNSやネット上に無断掲載されております。生徒への誹謗中傷を防ぐために、早急な削除をお願いいたします」と写真の削除を求めている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事