トッテナムがマンUを出し抜きベイルと秀英SBをマドリーから“ダブル獲り”か?「まだスパーズを愛している」

トッテナムがマンUを出し抜きベイルと秀英SBをマドリーから“ダブル獲り”か?「まだスパーズを愛している」

2020.9.16 ・ 海外サッカー

シェアする

 再生への足掛かりは、古巣復帰となるのだろうか。


 英公共放送『BBC』など複数メディアは9月15日、トッテナムがガレス・ベイルの復帰に向けてレアル・マドリーと交渉していると報じた。


 トッテナムで世界的な評価を手にしたベイルは、2013年に当時の世界最高額となる8500万ポンド(約119億円)でマドリーに移籍。4度のチャンピオンズ・リーグ(CL)優勝などに貢献した。


 だが、近年はジネディーヌ・ジダン監督との確執が騒がれ、移籍市場のたびに去就を取りざたされている。ベイルは先日、去就はマドリー次第としたうえで、自身はプレミアリーグ復帰も選択肢とする考えを明かした。


 BBCは、ベイルがトッテナムに復帰する場合、レンタル移籍になる見込みとしたうえで、マドリーがベイルに一定額を補償することで完全移籍となる可能性もあると報じた。英紙『Daily Mail』は、マドリーがサラリーの半額以上を負担する可能性も伝えている。

  ジョナサン・バーネット代理人は、『BBC Sport Wales』で「ガレスはまだスパーズを愛している。彼がいたいと望む場所だ」と、選手とクラブの絆を強調した。サポーターの期待感を高める発言だ。


 また、各メディアは、トッテナムがマドリーの左SBセルヒオ・レギロン獲得にも迫っていると報じた。


 トッテナムがベイルとレギロンを獲得した場合、マンチェスター・ユナイテッドはターゲットを2人同時に失うかたちとなるかもしれない。ユナイテッドはジェイドン・サンチョを獲得できなかった場合の代役としてベイルへの関心が報じられていた。また、レギロンはマドリーが買い戻し条項を求めていることで合意に至らなかったとみられている。


 7年ぶりにベイルの復帰は実現するのか。プレミアリーグ開幕戦でエバートンにホームで敗れ、黒星発進したトッテナムの動きに大きな注目が集まっている。


構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事