「彼が携帯の電源を入れたら、世界中から死の脅迫が…」マルセイユDFへの誹謗中傷に同僚が苦言!指揮官も「選手を支持する」

「彼が携帯の電源を入れたら、世界中から死の脅迫が…」マルセイユDFへの誹謗中傷に同僚が苦言!指揮官も「選手を支持する」

2020.9.16 ・ 海外サッカー

シェアする

 9月13日のリーグ・アン第3節、パリ・サンジェルマン対マルセイユの大一番は、1-0でマルセイユが勝利したこと以上に、両軍合計で5名もの退場者を出したことが話題となった。特に騒がれたのが、退場となったネイマールがアルバロ・ゴンサレスに人種差別されたと被害を訴えていることだ。


 ネイマールはSNSでアルバロの差別行為や見過ごした審判団を非難。一方のアルバロは差別行為を否定し、「バッドルーザー」だと反論した。両クラブがそれぞれの選手を支持する声明を出すまでに至っており、進展が注目されている。


 マルセイユ陣営は、依然としてアルバロを擁護している。英公共放送『BBC』によると、アンドレ・ヴィラス・ボアス監督は「われわれは、アルバロがレイシストではないと確信している」と述べた。


「マルセイユとパリSGは、この論争について真相究明を助けるためにいる。わたしは、わたしの選手を支持する」


 また、ヴァランタン・ロンジエも「僕は何も聞こえなかった」とコメント。「彼(アルバロ)が影響を受けているのはもちろんだ。簡単ではない」と、アルバロが脅迫を受けていると連帯を強調している。


「帰宅時に携帯電話の電源をつけたら、証明されてもいないことで世界中から死の脅迫を受け取った。彼の家族も影響を受けている。みんな、これを分かっていないんだ。今の彼は難しい時期にある。僕たちは、彼と連帯しているよ」


 人種差別行為があったのなら、非難されるべきなのは疑いない。一方で、アルバロが差別行為を働いたかどうかによらず、選手や家族を脅迫することも言語道断だ。


 フランスプロリーグ機構(LFP)は、16日に懲戒委員会を開く予定だ。その裁定に、世界が注目している。


構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事