驚異的なゴールラッシュ連発のプレミア第2節で、衝撃の新記録が誕生!

驚異的なゴールラッシュ連発のプレミア第2節で、衝撃の新記録が誕生!

2020.9.22 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間9月21日、プレミアリーグ第2節の残り2試合が行なわれ、アストン・ビラがホームでシェフィールド・ユナイテッドに1-0、マンチェスター・シティが敵地でウォルバーハンプトンに3-1とそれぞれ今シーズン初勝利を挙げた。


 これで、この第2節に生まれたゴールは、なんと10試合で44点。スペイン紙『Marca』などによると、これはプレミアリーグが1995-96年シーズンに20チーム制になって以来、1節の最多得点記録だという。これまでは、2011年2月の43ゴールが最高だった。

  今節は、ソン・フンミンは4ゴールと大暴れしたサウサンプトン対トッテナム(2-5)、エバートン対WBA(5-2)、リーズ対フルアム(4-3)と3会場で7ゴールが生まれたほか、レスターが4-2でバーンリーを破るなどゴールラッシュが続いた。


 ちなみに、1試合平均4.4点という驚異的な数字を叩き出した今節の引き分けはゼロ。このスペクタクルなゲームを、無観客で行なわなければならないのが何より残念だ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事