「夢のようなデビューだ」加入3日目で躍動したスアレスをスペイン紙が激賞!「これ以上はない」

「夢のようなデビューだ」加入3日目で躍動したスアレスをスペイン紙が激賞!「これ以上はない」

2020.9.28 ・ 海外サッカー

シェアする

 文字通り鮮烈なデビューだった。


 現地時間9月27日に行なわれたラ・リーガ第3節のグラナダ戦で、アトレティコ・マドリーのルイス・スアレスがいきなり大暴れを見せた。


 バルセロナを構想外となり、25日に加入したばかりのウルグアイ代表FWは、3-0とリードして迎えた71分から途中出場。ジエゴ・コスタと交代で前線に入る。


 するとその直後の72分、いきなりワンタッチでスルーパスを出し、同じタイミングで出場したマルコス・ジョレンテのゴールをアシストすると、その後も惜しいシュートを放つなどプレゼンスを発揮する。


 そして86分には、右サイドからジョレンテが送り込んだクロスに技ありのヘッドで合わせ、初ゴールをゲット。さらに、その6分後にもビトーロとのワンツーからシュートを放ち、ポストに弾かれたところを、左足で落ち着いて流し込んで2点目を奪った。


 わずか20分あまりで、2ゴール・1アシストと躍動し、6-1の圧勝に貢献したスアレスをスペイン・メディアも激賞している。


『As』紙は、「スアレスの夢のようなデビューでグラナダを粉砕」「2つのゴールと素晴らしいアシスト。これ以上のデビューはない」と称え、最高評価の「星3つ」を与えた。


 同じく全国紙の『Marca』も「星3つ」の評価で、「わずか2日しかトレーニングをしていないスアレスが大々的なデビューを飾った。今後の期待を抱かせるには十分な活躍だった」と称賛した。


 D・コスタやジョアン・フェリックス、アンヘル・コレアらアタッカー陣が軒並みいい動きを見せたアトレティコ。新たな背番号9がいきなり劇的な効果をもたらしている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事