「マドリーはピピを昇格させる」16歳・中井卓大のトップチーム入りの可能性を英紙が報道!「その瞬間に近づいた」

「マドリーはピピを昇格させる」16歳・中井卓大のトップチーム入りの可能性を英紙が報道!「その瞬間に近づいた」

2020.10.17 ・ 海外サッカー

シェアする

 その注目度は、日本やスペイン以外でも高まっている。レアル・マドリーの下部組織で研鑽を積む“ピピ”こと中井卓大だ。


 10歳でマドリーに入団した16歳のMFは、現在フベニールB(U-18相当)に所属。先日は、英紙『The Guardian』が特集した「2003年生まれの有望選手60人」にも選出されるなど、順調にステップアップを果たしている。


 そして今週の頭には、インターナショナルウィークで各国代表選手が抜けことを受け、トップチームのジネディーヌ・ジダン監督が、カンテラから数人の練習メンバーを“招集”。そのなかに、中井の名もあったため、一気に注目の的となった。


 16日には、英紙『The Sun』もこのピピの特集記事を掲載。「レアル・マドリーは、久保建英の登場後、16歳のセンセーショナルな日本人、中井卓大をファーストチームに昇格させる」と見出しをつけ、次のように綴っている。


「マドリーの“ワンダ―キッド”中井は、ジネディーヌ・ジダン監督とファーストチームに合流した後、大きな瞬間に一歩近づいた。トップチームのスポットを争う可能性があるという噂のなか、10代のスター候補は、インターナショナルブレークにリーガの巨人のトッププレーヤーとトレーニングを行なってきた」


 中井がリフティングで超絶テクニックを披露する動画も紹介した『The Sun』紙は、スペイン・メディアの記事を引用し、「『Marca』紙は、中井がファーストチームのジダン監督に感銘を与える機会を与えられたと主張しているが、(まずは)ラウールが指揮するマドリーのBチームに加わる可能性が高いと考えられている」と続けている。


 カスティージャ(Bチーム)からマドリーのトップチームへ。ピピは厳しい競争を勝ち抜き、エリート街道を進めるのか。欧州中が関心を持って見守っているようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事