「ハッキリ言って快適じゃない…」韓国代表FWソン・フンミン、人気ドキュメンタリーに“不快感”を吐露

「ハッキリ言って快適じゃない…」韓国代表FWソン・フンミン、人気ドキュメンタリーに“不快感”を吐露

2020.10.18 ・ 海外サッカー

シェアする

 今年8月の公開以来、世界的に話題を提供しているのが、トッテナム・ホットスパーにスポットライトが当てられたアマゾンプライムのドキュメンタリー『All or Nothing』だ。


 あらゆるスポーツチームの舞台裏に迫った人気シリーズのトッテナム版は、19年11月にマウリシオ・ポチェティーノが解任され、ジョゼ・モウリーニョが電撃就任するところから始まっており、激動のチーム状況が余すところなくカメラに収められている。


 ロッカールームや練習風景、さらにミーティングでの生々しいやり取りが公開され、人気を博している同作品。だが、当の“出演者”たちは日常をカメラで追われることに違和感を覚えているようだ。


「アマゾンのカメラは嫌でも目に入る。それってすごく奇妙なことだよね」


 そう本音を漏らしたのは、スパーズのメインキャストの一人であるソン・フンミンだ。28歳の韓国代表FWは、英メディア『TEAMtalk』のインタビューで、「快適なんかじゃない」と正直な感想を語っている。


「チームメイトと話したことが、数か月後には映像作品になって世界に晒されるんだ。それって奇妙なことだよ。チームの行く先々にカメラがあるのは変な感じがするし、それを見直すのもおかしいよね。マイクとカメラは文字通りどこにでもあって、ハッキリ言って快適とは言えないよ」

  さらにソン・フンミンは、「クラブをより大きくする意味では必要なことかもしれない」と今回の企画に一定の理解を口にしつつも、チーム状況が良くない時でもカメラを回されることには不快感を示している。


「本格的に撮り始めたのが、僕個人としても良くないことが多い時だったから、見るのは少し辛かったね。全てのエピソードでチームメイトが怪我をしたり、何かが起きていたからそれは良くないと思った。僕らが何をして過ごしているかを見てもらうのはいいかもしれないけどね……」


 以前には、前指揮官のポチェティーノが「とても言いにくかったけど、我々にとってもやりづらかった」と不満を漏らしていた同作品。視聴者からは高い評価を受けている一方で、第3者が立ち入ることに、現場はやりづらさを感じているようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事