「個人技による名誉あるゴールだ」堂安律がCL王者バイエルンから奪ったブンデス初ゴールを独メディアが称賛!

「個人技による名誉あるゴールだ」堂安律がCL王者バイエルンから奪ったブンデス初ゴールを独メディアが称賛!

2020.10.18 ・ 海外サッカー

シェアする

 ビーレフェルトの堂安律が10月17日、絶対王者のバイエルン戦でブンデスリーガ初ゴールを奪取。1ー4で大敗を喫したチームにあって、孤軍奮闘を見せた。


 最初の見せ場は、2点を先行されて迎えた33分だった。ペナルティエリア右でボールを持った日本代表MFは、中央へ切れ込み左足でシュート。GKマヌエル・ノイアーにキャッチされたものの、バイエルンゴールを脅かした。


 さらに47分には、敵陣中央から絶妙なスルーパス。これに反応したクリスティアン・ゲバウアーがGKと1対1を決め切れず、アシストとはならなかったが、絶好機を創出した。


 そして、最大の見せ場が訪れたのが、0-4で迎えた58分だ。カウンターから、ゴール右でパスを受けた堂安が、ペナルティエリアに侵入すると、得意の左足で狙うかと思いきや、ワンフェイクから右足でシュート。これが鮮やかにゴールネットを揺らした。この試合で堂々としたプレーを披露していた22歳が欧州王者から奪ったこの得点は、待望のブンデス初ゴールとなった。

  ドイツのサッカー専門誌『kicker』は、マッチレポート内で「PSVからレンタル中の俊敏な日本人選手ドウアンがゴールを奪った」と紹介。また『Bild』紙は「ドウアンの個人技による名誉あるゴール」と称えている。


 チャンピオンズ・リーグ王者から奪ったセンセーショナルな初ゴールは、“ドウアン”の名を世界に轟かせるに十分なはずだ。この1点をきっかけに、さらなる飛躍を期待したい。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事